堅田新十郎(読み)かただ しんじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堅田新十郎 かただ-しんじゅうろう

?-? 江戸時代中期-後期の歌舞伎囃子(はやし)方。
堅田喜蔵に入門し,明和4年(1767)江戸市村座で立(たて)鼓をつとめる。鼓唄,拍子舞物などを得意とした。弟子に初代堅田喜総治(きそうじ)がいる。別名に西川新十郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android