堪え場(読み)コラエバ

デジタル大辞泉 「堪え場」の意味・読み・例文・類語

こらえ‐ば〔こらへ‐〕【堪え場】

こらえなければならない時・場所。「この堪え場をしのがなくては会社はつぶれてしまう」
敵の攻撃を食い止める場所。
北国の勢を待つまでの―もなかりければ」〈太平記・二〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android