北国(読み)キタグニ

デジタル大辞泉の解説

きた‐ぐに【北国】

北の方にある国。北方地方

ほっ‐こく〔ホク‐〕【北国】


北方の国。北方の土地。きたぐに。北州。
北陸道の諸国。
「越前の国よりはじめて―の勢そろへて上るべし」〈平治・中〉
《江戸城の北にあったところから》新吉原(しんよしわら)遊郭の異称。品川の「南国」に対していう。北州
「あしたは―へいき山(=遊女)とおでかけなさりませ」〈黄・栄花夢

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きたぐに【北国】

北の方にある国。北の地方。寒風が吹き、雪が降り積もるような地方。

ほっこく【北国】

北の国。北方の土地。きたぐに。 ⇔ 南国
北陸道の諸国。また、明治初期、北海道の諸国。 「越前国よりはじめて-の勢そろへて/平治
〔江戸城の北にあたるので〕 新吉原遊郭の別名。北州。 「あしたは-へいき山とおでかけなさりませ/黄表紙・栄花夢」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きた‐ぐに【北国】

〘名〙
① 北方の国。また、北方の土地、地方。ほっこく。
※古本説話集(1130頃か)五三「今は昔、丹後の国は北ぐににて、雪深く、風けわしく侍やまでらに、観音験(げん)じ給ふ」
② 北陸道の国々。すなわち、若狭、越前、加賀、能登、越中、越後、佐渡など。ほっこく。

ほっ‐こく ホク‥【北国】

[1] 〘名〙
① 北方の国。また、北方の土地。北州。〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔詩経‐大雅・韓奕〕
② 特に、北陸道の諸国。東山道の出羽国を含む場合もある。
※平家(13C前)六「東国・北国のそむくだにあるに」
[2] (江戸城の北にあたるところから) 江戸新吉原遊郭の異称。北郭。品川の遊里を南国などというのに対していう。北方。北地。北州。
※談義本・化物判取牒(1755)一「平日放埒ものなりしが〈略〉其魂、西国まった北国(ホッコク)の方へ飛行するとぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の北国の言及

【北陸地方】より

…本州中央部の日本海沿岸地方。古代の北陸道の地域で〈ほくろく〉,〈越(こし)の国〉,〈北国(ほつこく)〉とも呼ばれた。福井,石川,富山,新潟の4県を指し,北陸3県という場合には新潟県を除く。…

※「北国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北国の関連情報