塩化コリン

栄養・生化学辞典の解説

塩化コリン

 C5H14ClNO (mw139.63).[HOCH2CH2N(CH3)3]Cl.コリンはホスファチジルコリンのようにリン脂質の構成成分として,またアセチルコリンのように神経伝達物質として生体内で重要な機能をはたしている.体内で合成されるが,低タンパク質食等の場合に合成量が不十分となり,その結果脂肪肝等がもたらされる.塩化コリンを飼料に添加すると防止される.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android