コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩干し シオボシ

デジタル大辞泉の解説

しお‐ぼし〔しほ‐〕【塩干し】

[名](スル)魚類などを塩に漬けて日干しにすること。また、そうした干物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

しおぼし【塩干し】

魚などを塩漬けしてから乾燥させること。また、その干物。そのままの形で干す丸干しと、開いて内臓を取り除いて干す開き干しがある。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の塩干しの言及

【干物】より

…干鳥は鳥肉とくにキジを干したもの,楚割は魚肉とくにサケを細く切って干したもの,蒸蚫はアワビを蒸して干したもの,焼蛸はタコを石焼きなどにして干したものであった。 現在市場に出回っている干物を製造法によって分類すると,素干し,煮干し,塩干し,焼干し,調味干しなどとなる。素干しは塩を加えずにそのまま乾燥させるもので,するめ,ごまめ,かずのこ,身欠きニシンなどがある。…

※「塩干し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塩干しの関連キーワード蒲江[町]大洗[町]ツチクジラ八丈春とびダウェイ若狭干し魚料理水産業介党鱈くさやカサゴ興津鯛煮干しカマス乾物魚屋雀鯛魚類小梅

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android