コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参天台五台山記 さんてんだいごだいさんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

参天台五台山記
さんてんだいごだいさんき

平安時代の僧,成尋入宋に関する旅行記。8巻。延久4 (1072) 年に 62歳で入宋し,翌年まで巡礼した。当時の海路交通や宋の仏教事情などが書かれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さんてんだいごだいさんき【参天台五台山記】

平安後期の旅行記。8巻。成尋(じょうじん)著。延久4年(1072)に日本を出発し、中国の天台山五台山などの寺を参拝、宋の神宗に謁見したことなどを記したもの。当時の中国仏教の実情を知るための重要資料。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんてんだいごだいさんき【参天台五台山記】

天台宗の僧成尋(じようじん)の入宋日記。8巻。成尋は1072年(延久4)3月,頼縁ら5人と中国へ渡った。6月天台山の諸寺を巡拝,次いで都汴京(べんけい)の太平興国寺伝法院に滞在し,11月五台山の諸寺を巡拝,再び伝法院に戻って僧侶や官吏と交流をもち,皇帝の知遇を得,宮中で祈雨の法を修して効験があった。73年6月,成尋を除く5人が先に帰国の途に就くまでの滞在中の公私にわたる事がらが克明に記され,宋代の社会や仏教の実態を知るうえで貴重である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんてんだいごだいさんき【参天台五台山記】

1072~73年、成尋じようじんが入宋し、天台山・五台山などを巡礼した際の記録。八巻。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

参天台五台山記の関連キーワード茶道(ちゃどう)成尋(1)平安時代渡宋記成尊

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android