コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参天台五台山記 さんてんだいごだいさんき

4件 の用語解説(参天台五台山記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

参天台五台山記
さんてんだいごだいさんき

平安時代の僧,成尋の入宋に関する旅行記。8巻。延久4 (1072) 年に 62歳で入宋し,翌年まで巡礼した。当時の海路交通や宋の仏教事情などが書かれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さんてんだいごだいさんき【参天台五台山記】

平安後期の旅行記。8巻。成尋(じょうじん)著。延久4年(1072)に日本を出発し、中国の天台山五台山などの寺を参拝、宋の神宗に謁見したことなどを記したもの。当時の中国仏教の実情を知るための重要資料。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんてんだいごだいさんき【参天台五台山記】

天台宗の僧成尋(じようじん)の入宋日記。8巻。成尋は1072年(延久4)3月,頼縁ら5人と中国へ渡った。6月天台山の諸寺を巡拝,次いで都汴京(べんけい)の太平興国寺伝法院に滞在し,11月五台山の諸寺を巡拝,再び伝法院に戻って僧侶や官吏と交流をもち,皇帝の知遇を得,宮中で祈雨の法を修して効験があった。73年6月,成尋を除く5人が先に帰国の途に就くまでの滞在中の公私にわたる事がらが克明に記され,宋代の社会や仏教の実態を知るうえで貴重である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone