コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参天台五台山記 さんてんだいごだいさんき

4件 の用語解説(参天台五台山記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

参天台五台山記
さんてんだいごだいさんき

平安時代の僧,成尋の入宋に関する旅行記。8巻。延久4 (1072) 年に 62歳で入宋し,翌年まで巡礼した。当時の海路交通や宋の仏教事情などが書かれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんてんだいごだいさんき【参天台五台山記】

平安後期の旅行記。8巻。成尋(じょうじん)著。延久4年(1072)に日本を出発し、中国の天台山五台山などの寺を参拝、宋の神宗に謁見したことなどを記したもの。当時の中国仏教の実情を知るための重要資料。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんてんだいごだいさんき【参天台五台山記】

天台宗の僧成尋(じようじん)の入宋日記。8巻。成尋は1072年(延久4)3月,頼縁ら5人と中国へ渡った。6月天台山の諸寺を巡拝,次いで都汴京(べんけい)の太平興国寺伝法院に滞在し,11月五台山の諸寺を巡拝,再び伝法院に戻って僧侶や官吏と交流をもち,皇帝の知遇を得,宮中で祈雨の法を修して効験があった。73年6月,成尋を除く5人が先に帰国の途に就くまでの滞在中の公私にわたる事がらが克明に記され,宋代の社会や仏教の実態を知るうえで貴重である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんてんだいごだいさんき【参天台五台山記】

1072~73年、成尋じようじんが入宋し、天台山・五台山などを巡礼した際の記録。八巻。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

参天台五台山記の関連キーワード鈴木円随即真周湛孝暢成尋阿闍梨母集義真入宋六祖国清寺成尋(1)成尋阿闍梨母

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone