墓制(読み)ボセイ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼ‐せい【墓制】

〘名〙 のつくり方。通常、墓は一つであるが、埋め墓と詣り墓の二つをつくる両墓制もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の墓制の言及

【縄文文化】より

…なお,各集落における竪穴住居の地点ごとの配置が二つの大群に区別される場合が一般的であることから,縄文文化社会に双分原理の存在を想定する説がある。
[墓制]
 死体はていねいに埋葬されている。通常は土壙中に四肢を折り曲げた屈葬の姿勢がとられるが,伸展葬もまたとくに後期以降に併用された。…

【葬制】より

…この習俗は今日まで続いているようで,一族で祖先墓に参り,くずれた墓の土もりや清掃,あるいは植樹をし,帰宅後うちそろってごちそうの卓を囲むという。
[墓制]
 《周礼》春官・冢人(ちようじん)によれば,天子や諸侯のためには公的な墓地が用意されている。先王の墓を中央に置き,昭穆(しようぼく)の制(宗法)に従って天子の墓が配され,その左右に諸侯王,前方に卿大夫,後方に士の墓が置かれた。…

※「墓制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

墓制の関連情報