コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墓制 ボセイ

デジタル大辞泉の解説

ぼ‐せい【墓制】

墓のつくり方。通常、墓は一つであるが、埋め墓詣り墓の二つをつくる両墓制もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の墓制の言及

【縄文文化】より

…なお,各集落における竪穴住居の地点ごとの配置が二つの大群に区別される場合が一般的であることから,縄文文化社会に双分原理の存在を想定する説がある。
[墓制]
 死体はていねいに埋葬されている。通常は土壙中に四肢を折り曲げた屈葬の姿勢がとられるが,伸展葬もまたとくに後期以降に併用された。…

【葬制】より

…この習俗は今日まで続いているようで,一族で祖先墓に参り,くずれた墓の土もりや清掃,あるいは植樹をし,帰宅後うちそろってごちそうの卓を囲むという。
[墓制]
 《周礼》春官・冢人(ちようじん)によれば,天子や諸侯のためには公的な墓地が用意されている。先王の墓を中央に置き,昭穆(しようぼく)の制(宗法)に従って天子の墓が配され,その左右に諸侯王,前方に卿大夫,後方に士の墓が置かれた。…

※「墓制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

墓制の関連キーワードジョージ・アンドルー ライスナー鳥取藩主池田家墓所トゥトメス(1世)阿弥大寺古墳群須曽蝦夷穴古墳芝ヶ原12号墳安国寺甕棺墓群葉山尻支石墓群詣り墓・参り墓茅原大墓古墳田熊石畑遺跡中山荘園古墳志登支石墓群中野美保遺跡原山支石墓群地下式横穴大室古墳群塚原古墳群阿武山古墳仏教考古学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

墓制の関連情報