売(り)越し(読み)ウリコシ

デジタル大辞泉の解説

うり‐こし【売(り)越し】

機関投資家や証券会社が、ある一定期間内に売った金額または量が、買った金額または量より多いこと。⇔買い越し
信用取引で、今まで買っていた人が全部転売したうえ、あらためて売り方に転じること。どてん売り越し。⇔買い越し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android