コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機関投資家 きかんとうしか

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

機関投資家

個人投資家以外の証券投資を行っている団体。具体的には、生命保険や年金、投資信託など、他人から委託された資金を運用している企業を指す。個人投資家よりも資金量や情報量、手法などの点で大きな力を持ち、証券以外にも債券や外国為替などにも投資する。運用期間も個人投資家よりも相対的に長い。機関投資家は、ある局面で同じような投資行動をすることが多いために、市場が一方向に触れやすくなったり、こう着状態に陥りやすくなることが多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

機関投資家

顧客や構成員から拠出された資金の管理・運用を行う法人投資家で、生命保険会社損害保険会社信託銀行、投資顧問会社、年金基金年金信託などが代表的。運用する資産の額が大きく、また1回当たりの売買額も大きいことから、市場への影響力が強い。一般に規模が大きく長期的な投資を行う法人投資家を指し、ヘッジファンドなどの短期的な法人投資家は含めないことが多い。

(熊井泰明 証券アナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

機関投資家【きかんとうしか】

株式や債券など有価証券への投資を主要な業務の一つとする法人。銀行,生命保険会社,投資会社等がその代表例。1930年代以降おもに米国で発展し,重要性を増してきている。日本では投資信託,生命保険会社等が株式投資の面で活躍しており,近年機関投資家の株式保有比率が急激に上昇してきている。
→関連項目株主コーポレート・ガバナンスばいかいファンド・マネジャー法人株主

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

FX用語集の解説

機関投資家

生命保険会社や銀行、信託銀行、証券会社、年金基金、ヘッジファンドなど、個人や法人から預かった資産を運用することを業務とする法人のことを指します。

出典 (株)外為どっとコムFX用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

きかんとうしか【機関投資家】

収益をあげる目的で、継続的に証券投資を行う法人その他の団体。銀行・保険会社・投資信託・年金基金・共済組合・農業団体など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の機関投資家の言及

【株式投資】より

…また株式投資の場合,投資期限を定められた信用取引やきわめて短期間で値ざやをかせごうとするやり方は〈投機〉といい,それだけリスクが多く安全性が低くなり,思惑どおりいかなかったとき,大きな損となる。機関投資家や法人の株式投資は政策投資と純投資に分かれ,政策投資は会社乗っ取り,事業または融資系列の強化,株式安定工作などを目的として株式を取得する投資で,純投資は株式の配当と値上がり差益の取得を目的とした投資である。近年は,日本も純投資による株式取得が多くなり,機関投資家現象が進展し,同時に外人投資も増大し,株式投資も株式の発行形態の変化,株式市場の構造変化ともあわせて,その目的,やり方など考え方に異なるところがみられるようになった。…

※「機関投資家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

機関投資家の関連情報