信用取引(読み)しんようとりひき

日本大百科全書(ニッポニカ)「信用取引」の解説

信用取引
しんようとりひき

証券取引所における取引方法の一つ。金融商品取引法(および金融商品取引法第161条の2に規定する取引およびその保証金に関する内閣府令)では、証券会社顧客信用を供与して行う有価証券の売買であると規定されている。現在、株式売買における決済日の違いに基づく取引の種類には、普通取引、当日決済取引、発行日決済取引の3種類があり、普通取引がその中心となっているが、信用取引は、普通取引の決済方法の一つである。顧客は一定委託保証金を積んで信用供与を受け、信用売り・信用買いを行い、受渡日に証券会社から買い代金または売り株券を借りて、普通取引として決済を済ませる。証券会社との貸借関係は、定められた期間内(制度信用取引の場合は最長6か月であるが、一般信用取引の場合には期限の定めはない)に反対売買によって売買差金を決済するか、あるいは信用買いの場合は買付け代金を支払い、現株を引き取る(現引き)か、信用売りの場合は売り株式を引き渡す(現渡し)かの方法で決済する。信用取引はアメリカの証拠金取引に倣ったもので、関西ではマージン取引ともよばれている。信用取引は実物取引とはいっても、実際には空(から)売り・空買いができるので投機性をもった取引といえる。第二次世界大戦前の清算取引にかわって、1951年(昭和26)6月から実施された。証券市場に仮需給をおこさせることによって、流通面での円滑化や拡大を図ったものである。信用取引は証券業者の信用供与が前提であるが、個々の証券業者は顧客のすべての需要に応ずることができないから、信用供与に必要な融資または貸し株を行う金融機関として、証券金融会社が設けられている。

[桶田 篤・前田拓生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「信用取引」の解説

信用取引
しんようとりひき
margin trading

証券会社が顧客に信用を供与して行なう取り引き。株式投資の形態の一つ。顧客が証券会社に一定の委託保証金を拠出し,投資資金の融資や貸株(株式を貸す仕組み)を受けて株券の売買を行なう。特定銘柄を買いたいが十分な投資資金がない顧客は融資を受けて株式を購入し,購入した株式を証券会社に担保として差し入れる。また,特定銘柄の値下がり予想に基づいて株式を売りたいが,売ろうとする銘柄を保有していない顧客は,その銘柄の貸株を受けて売却,売却代金を証券会社に担保として差し入れる。あらかじめ定められた一定期日が到来すると,融資を受けた顧客は融資の返済一方で株式を決済し,貸株を受けた顧客は借りた株式を返済し現金を決済する。一定の委託保証金によって,それを大きく上回る金額の投資ができるというレバレッジ効果があり,株式市場の流動性が高まる。ただし,信用取引ができる銘柄(→信用銘柄)は限定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「信用取引」の解説

信用取引

証券会社から資金や株式を借りて売買すること。一般には証券会社に預けてある株式や現金などを「委託保証金」という形で担保とし、その3倍までの売買が可能。例えば、100万円の委託保証金なら300万円までの取引が行なえる。信用取引の場合、顧客は投資資金で株式を買う「信用買い」や、株式を売ってしまう「信用売り(空売り)」などを行なう。信用買いの場合は株価の上昇分が、空売りの場合は売値より安く買い戻した場合の差益がもうけとなる。手持ちの資金以上に大きな取引ができ、成功すればリターンは大きいが、その分、失敗した時のリスクも大きい。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵「信用取引」の解説

信用取引

投資家が委託保証金(約定代金の一定割合)を担保として証券会社から資金を借りて株式を買う、あるいは株式を借りて売ること。株価が予想通りに変動すれば得る利益は大きいが、逆に動いた場合には大きな損失が出る。予想と逆に動いた場合には、担保の積み増し(追証)を求められることがある。一般に市場が下がり過ぎたと見られる状況では信用買いが増加し、上がり過ぎと見られる状況では、信用売り(空売り)が増加することで需給バランスを安定化させる機能も期待されている。

(熊井泰明 証券アナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディア「信用取引」の解説

信用取引【しんようとりひき】

証券取引所における株式取引方法の一種。マージン取引とも。普通取引(4日目受渡し)の決済方法の一つで,顧客が株式売買を行う際,保証金を積んで証券業者から買付代金または売付株券を借り,これで受渡期日に決済を行う。証券業者はふつう証券金融会社から資金や株券を借りる(貸借取引)。この取引は一定の信用銘柄に限られ,融資・借株の返済は6ヵ月以内。→逆日歩
→関連項目委託売買空売り日本証券金融[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「信用取引」の解説

しんよう‐とりひき【信用取引】

〘名〙 証券業者が客から一定の証拠金(委託保証金)をとって、客に株の買い入れ代金や、株券を貸し付けて行なう販売取引のこと。〔英和商業新辞彙(1904)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「信用取引」の解説

しんよう‐とりひき【信用取引】

信用による取引。
証券会社が顧客に一定の委託保証金を預託させ、買付代金または売付株券を貸し付けることによって行わせる株式取引。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「信用取引」の解説

しんようとりひき【信用取引】

証券会社が顧客に信用を供与して行う株式の売買取引。具体的には,顧客が株式の売買を行う際に,証券会社が売付株券または買付代金を貸与し,これによって現株または資金の全額をもたない者にも売買を可能にした取引である。信用取引の決済は,反対売買(信用買いの場合は転売,信用売りの場合は買戻しという)を行い差金の授受で済ますのが通例で,その意味では,第2次大戦前行われていた清算取引とも似ているが,証券会社間の売買はあくまで普通取引(4日目受渡し)の形をとっている点において,清算取引と異なっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の信用取引の言及

【株式取引】より

…(4)発行日決済取引 未発行株式の取引で,その株式が発行された後の一定の日に受渡しをするものである。なお,このほかに,証券会社が顧客に信用を供与して行う信用取引がある。証券会社は顧客から信用取引の注文を受けると,普通取引で売買を行い,あとには証券会社と顧客との間に貸借関係が残ることになる。…

【現物取引】より

…株式の売買取引の決済において現金と株券との現物で受け渡す取引のことで,信用取引に対する言葉。清算取引に対しては実物取引というのが一般的であるが,いずれにせよ,その実態は同じである。…

【清算取引】より

…取引所における売買取引の一種で,有価証券の清算取引と商品の清算取引とがある。実物取引(信用取引に対しては現物取引というが,実態は同じ)に対するもので,現物の引渡しのほか転売・買戻しによる差金決済もできる取引である。清算取引は現在商品取引所において先物取引という名称で行われているが,証券取引所での取引は,1945年の取引所再開に際してGHQの指示で禁止された。…

※「信用取引」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android