変動相場制度のインフレ隔離効果(読み)へんどうそうばせいどのインフレかくりこうか(英語表記)inflation insulation effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変動相場制度のインフレ隔離効果
へんどうそうばせいどのインフレかくりこうか
inflation insulation effect

変動相場制度は,国内もしくは国外インフレーションが国内経済もしくは国外に及ぼす影響をある程度遮断する働きを持っている。これをインフレ隔離効果という。たとえば輸入先国でインフレが起こった場合,変動相場制度の下では相手国通貨の価値の下落,自国通貨の価値の上昇がもたらされ,輸入相手先における価格の上昇を相殺するような形で輸入することができる。一方,固定相場制度の下では,為替相場を一定に維持する必要があることから,貿易相手国においてインフレが発生した場合には,自国に波及する可能性が高い。このインフレ隔離効果は,金融政策・財政政策を国外におけるインフレーションの影響から隔離し,その自由度を高めることになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android