下落(読み)げらく

精選版 日本国語大辞典「下落」の解説

げ‐らく【下落】

〘名〙
① ものが上から下に落ちること。落下。
※暦象新書(1798‐1802)上「試に一丸を取て、檣上より落すに〈略〉舶人の目には正直に下落する如く見えて」
② 物事が収まること。結着がつくこと。
※絶海和尚語録(15C初)上「諸人還知法都文下落処麽」
③ 物価や相場などが下がること。⇔騰貴
※新聞雑誌‐一号・明治四年(1871)五月「今年は大に下落(ゲラク)し四十匁にても売れざる由なり」
④ 物事の価値や等級などが下がること。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「切角の風采も大に下落した様に感ぜられたから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「下落」の解説

げ‐らく【下落】

[名](スル)物価や相場、また、物事の価値などがさがること。「株価下落する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android