下落(読み)ゲラク

デジタル大辞泉 「下落」の意味・読み・例文・類語

げ‐らく【下落】

[名](スル)物価相場、また、物事価値などがさがること。「株価下落する」
[類語]低落値崩れ急落暴落下がる落ちる落ち込む沈む下降降下沈下低下陥る落っこちる落下する落馬する落輪する脱輪する墜落する失墜する滑落する転落する崩落する滑り落ちる転げ落ちる崩れ落ちる零れ落ちる零れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「下落」の意味・読み・例文・類語

げ‐らく【下落】

  1. 〘 名詞 〙
  2. ものが上から下に落ちること。落下
    1. [初出の実例]「試に一丸を取て、檣上より落すに〈略〉舶人の目には正直に下落する如く見えて」(出典:暦象新書(1798‐1802)上)
  3. 物事が収まること。結着がつくこと。
    1. [初出の実例]「諸人還知法都文下落処麽」(出典:絶海和尚語録(15C初)上)
  4. 物価や相場などが下がること。⇔騰貴
    1. [初出の実例]「今年は大に下落(ゲラク)し四十匁にても売れざる由なり」(出典:新聞雑誌‐一号・明治四年(1871)五月)
  5. 物事の価値や等級などが下がること。
    1. [初出の実例]「切角の風采も大に下落した様に感ぜられたから」(出典:吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android