コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏日星 なつひぼし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夏日星
なつひぼし

火星の和名のなかでも最も古いもの。民間では用いられなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の夏日星の言及

【星】より

…同じ見方には,徳島の〈かねつきぼし〉,綾部の〈かねぼし〉,佐渡の〈はんしょのつっからかし(ころがした半鐘)〉などがある。 夏日星(なつひぼし)火星の和名のもっとも古いものらしい。かつ聖徳太子の説話を伴って,《扶桑略記(ふそうりやつき)》,《聖徳太子伝暦》に〈熒惑(けいこく)星〉の名で載っている。…

※「夏日星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

夏日星の関連キーワード火星

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android