コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外出血 ガイシュッケツ

2件 の用語解説(外出血の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がい‐しゅっけつ〔グワイ‐〕【外出血】

組織とともに血管が損傷され、血液が体外に流れ出ること。また、その血。⇔内出血

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の外出血の言及

【出血】より

… 出血している血管の種類により,鮮紅色の血液が拍動性に出血する動脈性出血,暗赤色の血液がゆるやかに出血する静脈性出血,どこからともなくにじみ出てくる毛細管性出血とに分けられる。また,体外への出血の外出血と,組織内または体腔内にみられる内出血とがあり,うち皮下組織内の出血を皮下出血という。出血の大きさにより,点状出血,斑状出血,組織内に広い範囲にわたってみられる血性浸潤などがあり,また1ヵ所に血液がたまって腫瘍状を呈する血腫,体腔または管状・囊状の臓器内に出血してたまった血瘤がある。…

※「外出血」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報