内出血(読み)ナイシュッケツ

デジタル大辞泉の解説

ない‐しゅっけつ【内出血】

[名](スル)体内で出血が起こること。血液が組織や体腔内にとどまって体外に出ない状態。「打撲部位が内出血する」⇔外出血

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

内出血【ないしゅっけつ】

血液が血管から組織内・体腔内に流出すること。対外に流出する外出血の対。出血場所により皮下出血,筋肉内出血,脳溢血(いっけつ),くも膜下出血,胸腔内出血,腹腔内出血,網膜出血などに分類される。原因は外傷や手術など。血液または血管に病変があると起こりやすい。治療は,止血したり安静にして吸収を待つ。手術により血液を排除することもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内出血
ないしゅっけつ

血液の全成分が血管外に出ることを出血といい、血液が体表から体外に出るものを外出血、血液が組織・臓器内や体腔(たいくう)内に出ても体内にとどまっている状態を内出血と呼び分けている。なお、出血は、血管壁の破綻(はたん)によっておこる破綻性出血と、血管壁の破綻がなくてもおこる漏出性出血に分けられたり、出血がおこる血管の種類によって、動脈性出血、静脈性出血、毛細管性出血とに分けられる。[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の内出血の言及

【出血】より

… 出血している血管の種類により,鮮紅色の血液が拍動性に出血する動脈性出血,暗赤色の血液がゆるやかに出血する静脈性出血,どこからともなくにじみ出てくる毛細管性出血とに分けられる。また,体外への出血の外出血と,組織内または体腔内にみられる内出血とがあり,うち皮下組織内の出血を皮下出血という。出血の大きさにより,点状出血,斑状出血,組織内に広い範囲にわたってみられる血性浸潤などがあり,また1ヵ所に血液がたまって腫瘍状を呈する血腫,体腔または管状・囊状の臓器内に出血してたまった血瘤がある。…

※「内出血」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内出血の関連情報