コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内出血 ナイシュッケツ

デジタル大辞泉の解説

ない‐しゅっけつ【内出血】

[名](スル)体内で出血が起こること。血液が組織や体腔内にとどまって体外に出ない状態。「打撲部位が内出血する」⇔外出血

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

内出血【ないしゅっけつ】

血液が血管から組織内・体腔内に流出すること。対外に流出する外出血の対。出血場所により皮下出血,筋肉内出血,脳溢血(いっけつ),くも膜下出血,胸腔内出血,腹腔内出血,網膜出血などに分類される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ないしゅっけつ【内出血】

( 名 ) スル
組織の内部や体腔内に出血すること。 ⇔ 外出血

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内出血
ないしゅっけつ

血液の全成分が血管外に出ることを出血といい、血液が体表から体外に出るものを外出血、血液が組織・臓器内や体腔(たいくう)内に出ても体内にとどまっている状態を内出血と呼び分けている。なお、出血は、血管壁の破綻(はたん)によっておこる破綻性出血と、血管壁の破綻がなくてもおこる漏出性出血に分けられたり、出血がおこる血管の種類によって、動脈性出血、静脈性出血、毛細管性出血とに分けられる。[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の内出血の言及

【出血】より

… 出血している血管の種類により,鮮紅色の血液が拍動性に出血する動脈性出血,暗赤色の血液がゆるやかに出血する静脈性出血,どこからともなくにじみ出てくる毛細管性出血とに分けられる。また,体外への出血の外出血と,組織内または体腔内にみられる内出血とがあり,うち皮下組織内の出血を皮下出血という。出血の大きさにより,点状出血,斑状出血,組織内に広い範囲にわたってみられる血性浸潤などがあり,また1ヵ所に血液がたまって腫瘍状を呈する血腫,体腔または管状・囊状の臓器内に出血してたまった血瘤がある。…

※「内出血」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

内出血の関連キーワード乳幼児ゆさぶられ症候群脳卒中の三つのタイプ揺さ振られっ子症候群揺さぶられっ子症候群新生児けいれん大腿骨幹部骨折外傷性ショック被虐待児症候群出血性ショック蜘蛛膜下出血低出生体重児打ち身・打身西沢 権一郎もやもや病結膜下出血子宮外妊娠村井 弘義鉗子分娩腹腔穿刺卵管妊娠

内出血の関連情報