コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多国籍企業労組会議 たこくせききぎょうろうそかいぎ Trade Union Council for Multinational Companies; TCM

1件 の用語解説(多国籍企業労組会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多国籍企業労組会議
たこくせききぎょうろうそかいぎ
Trade Union Council for Multinational Companies; TCM

多国籍企業対策労働組合会議。日系多国籍企業の進出が現地社会にもたらす諸問題に対して労組の立場から多角的に取り組むための組織。 1973年の結成。主な活動としては2国間の労組関係者による多国籍企業問題についての情報・意見交換,経営側の対応組織である日本在外企業協会,日経連および厚生労働省との多国籍企業労働問題に関する定期会議の開催,現地情報の収集や調査研究があり,近年では日本人海外勤務者の医療,子女教育,安全,サービスの諸問題に積極的に取り組んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多国籍企業労組会議の関連キーワード多国籍企業企業内貿易企業内国際分業多国籍TeTNEOHQ超国籍企業多国籍銀行多国籍労働組合会議

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone