収集(読み)しゅうしゅう

精選版 日本国語大辞典「収集」の解説

しゅう‐しゅう シウシフ【収集・蒐集・聚シュウ集】

〙 いろいろとりあつめること。よせあつめること。また、そのもの。
※家伝(760頃)下「公屡入学官、聚集儒生、吟詠詩書、披玩礼易
※西洋学校軌範(1870)〈小幡甚三郎訳〉『コロンビヤ』大学校の規則「貯蔵する所の物品は、只一個の地よりして之を集したるにあらず」 〔元稹‐再酬復言和前篇詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「収集」の解説

しゅう‐しゅう〔シウシフ〕【収集/×蒐集】

[名](スル)
寄せ集めること。「ごみの―日」
趣味・研究などのために集めること。また、そのもの。コレクション。「資料を―する」「切手の―家」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の収集の言及

【コレクション】より

…広義には,歴史,芸術,民俗,産業,自然科学などの資料,切手,貨幣などの趣味品の収集をいうが,ここでは美術品の収集について述べる。 われわれが美術品に接するときの二つの重要な方法,享受と研究とのために,美術品のコレクションは欠くべからざるものである。…

※「収集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android