多巣性運動性ニューロパチー

  • 多巣性運動性ニューロパチー(免疫性ポリニューロパチー)

内科学 第10版の解説

(3)多巣性運動性ニューロパチー(multifocal motor neuropathy:MMN)
 CIDPの亜型として,MMNがある.MMNは上肢の遠位部優位に非対称性に筋萎縮を伴った筋力低下をきたすのが特徴であり,運動ニューロン疾患との鑑別が問題となる.末梢神経伝導検査で多巣性の伝導ブロックがみられ,しばしば抗GM1抗体が陽性となる.CIDPと異なりステロイド薬は無効で,IVIgが第一選択となる.[楠 進]
■文献
Asbury AK, Cornblath DR: Assessment of current diagnostic criteria for Guillain-Barré syndrome. Ann Neurol, 27(suppl): S21-S24, 1990.
Joint Task Force of the EFNS and the PNS: European Federation of Neurological Societies/Peripheral Nerve Society Guideline on management of chronic inflammatory demyelinating polyradiculoneuropathy: Report of a joint task force of the European Federation of neurological Societies and the Peripheral Nerve Society-First Revision. J Peripher Nerv Syst, 15: 1-9, 2010.
Kaida K, Kusunoki S: Antibodies to gangliosides and ganglioside complexes in Guillain-Barré syndrome and Fisher syndrome: Mini-review. J Neuroimmunol, 223: 5-12, 2010.

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android