コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鑑別 カンベツ

デジタル大辞泉の解説

かん‐べつ【鑑別】

[名](スル)よく調べて、種類・性質・真贋・質のよしあしなどを見分けること。「真偽を鑑別する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんべつ【鑑別】

( 名 ) スル
物事を鑑定して判別すること。 「理非を-する」 「雛の雌雄を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鑑別の言及

【少年鑑別所】より

非行少年を一時収容し,また資質の鑑別を行うための国の施設で,法務省に属する(少年院法16条,17条)。家庭裁判所が審判を行う必要上,少年に対する観護の措置をとった場合,その少年は少年鑑別所に送致され,収容される(少年法17条)。…

※「鑑別」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鑑別の関連キーワードリヴェロ‐カルヴァロ効果チックテスターブラックライト下腿三頭筋断裂横隔膜ヘルニアEMB寒天培地【ちょ】遂良審判(法律)炎症性腸疾患藤原教悦郎少年鑑別所石渡 繁胤保護処分少年院法石渡繁胤腹腔穿刺急性腹症田内梅軒矯正施設矯正医官

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鑑別の関連情報