鑑別(読み)カンベツ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)よく調べて、種類・性質・真贋・質のよしあしなどを見分けること。「真偽を鑑別する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 違いや種類により区別すること。
※舎密開宗(1837‐47)外「又硫化加里を含む硫泉と硫化水素瓦斯のみ含む硫泉とを鑒別するに用ふ」
② 物事の真偽や善悪などを鑑定して見わけること。
※美術真説(1882)〈フェノロサ〉「真誠に美術の妙想を鑒別するの明ありて」 〔国朝漢学師承記‐汪中〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鑑別の言及

【少年鑑別所】より

非行少年を一時収容し,また資質の鑑別を行うための国の施設で,法務省に属する(少年院法16条,17条)。家庭裁判所が審判を行う必要上,少年に対する観護の措置をとった場合,その少年は少年鑑別所に送致され,収容される(少年法17条)。…

※「鑑別」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鑑別の関連情報