コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末梢神経伝導検査 まっしょうしんけいでんどうけんさ

1件 の用語解説(末梢神経伝導検査の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

まっしょうしんけいでんどうけんさ【末梢神経伝導検査】

 正中神経(せいちゅうしんけい)は、前腕の手のひら側を走って親指のつけ根の筋肉を支配し、親指から薬指までの手のひら側の感覚を脳に伝えます。
 この神経を、肘(ひじ)と手首の2か所で電気刺激し、支配筋における筋活動を記録することによって、肘から手首に神経の興奮が伝わる伝導速度を計算することができます。これが、運動神経伝導速度(うんどうしんけいでんどうそくど)です。
 ここで得られる筋活動の大きさは筋線維の密度を反映しています。
 逆に、指を電気刺激し、手や肘の神経幹上から神経活動電位を記録することによって、感覚神経伝導速度(かんかくしんけいでんどうそくど)を測定することができます。得られる電位の大きさは神経の密度を反映しています。
 このようにして、ほかの神経でも、その機能を調べることができます。ニューロパチーのなかでも、とくに神経細胞体や軸索(じくさく)(図「末梢神経の髄鞘」)が障害を受ける病気では、活動電位の振幅が小さくなり、髄鞘(ずいしょう)が障害を受ける病気では、とくに伝導速度が低下します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

末梢神経伝導検査の関連キーワード嗅神経中枢神経系聴神経脳神経求心性神経集中神経系正中正中線神経中枢中枢神経系 (central nervous system)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone