コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大仏商法 ダイブツショウホウ

デジタル大辞泉の解説

だいぶつ‐しょうほう〔‐シヤウハフ〕【大仏商法】

奈良の大仏に参詣するが立ち寄るのを待つだけで、進んで客を集める努力をしない奈良商人の消極性をいう語。
[補説]古くは、大仏に参詣する客を捉えて逃さない奈良商人の商売上手を言ったともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android