コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大仏商法 ダイブツショウホウ

デジタル大辞泉の解説

だいぶつ‐しょうほう〔‐シヤウハフ〕【大仏商法】

奈良の大仏に参詣するが立ち寄るのを待つだけで、進んで客を集める努力をしない奈良商人の消極性をいう語。
[補説]古くは、大仏に参詣する客を捉えて逃さない奈良商人の商売上手を言ったともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android