コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良の大仏 ならのだいぶつ

4件 の用語解説(奈良の大仏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良の大仏
ならのだいぶつ

奈良市雑司町の華厳宗総本山で南都七大寺の1つ東大寺本尊,毘盧遮那仏で東大寺の大仏とも呼ばれる聖武天皇により天平 15 (743) 年大仏造立を発願し,天平宝勝4 (752) 年に開眼供養が行われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なら‐の‐だいぶつ【奈良の大仏】

奈良東大寺大仏殿の本尊。毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)の金銅座像で、像高14.87メートル聖武天皇の発願により天平勝宝元年(749)創建、同4年開眼供養。二度の戦火などで改鋳が重ねられ、台座蓮弁の一部のみが当初のもので、胴部は鎌倉時代、頭部は元禄3年(1690)の鋳造。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ならのだいぶつ【奈良の大仏】

奈良東大寺大仏殿の毘盧舎那仏びるしやなぶつのこと。銅像。像高14.85メートル。聖武天皇の発願により造立、752年開眼供養が行われた。二度の兵火により像容が損なわれ、修復された。現在のものは胴部は鎌倉時代、頭部は元禄3年(1690)の鋳造。台座の蓮弁の一部と大仏殿前の金銅大灯籠は当初のもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奈良の大仏
ならのだいぶつ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈良の大仏の関連キーワード大仏殿岐阜県岐阜市長良東郷町岐阜県岐阜市長良東岐阜県岐阜市長良東町京都府八幡市上奈良東ノ口大阪府寝屋川市讃良東町長崎県壱岐市郷ノ浦町渡良東触沖縄県宮古島市平良東仲宗根沖縄県宮古島市平良東仲宗根添源次

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奈良の大仏の関連情報