奈良の大仏(読み)ならのだいぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良の大仏
ならのだいぶつ

奈良市雑司町の華厳宗総本山で南都七大寺の1つ東大寺本尊,毘盧遮那仏で東大寺の大仏とも呼ばれる。聖武天皇により天平 15 (743) 年大仏造立発願し,天平宝勝4 (752) 年に開眼供養が行われた。導師は婆羅門僧正,後生本願の聖武天皇,開基の良弁,勧進の行基とを建立の四聖と呼ぶ。その後2度の兵火で損傷し,現在の大仏は元禄4 (1691) 年竜松院公慶が仏頭などを修造,翌年開眼供養したものとされる。国宝に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なら‐の‐だいぶつ【奈良の大仏】

奈良東大寺大仏殿の本尊。毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)の金銅座像で、像高14.87メートル。聖武天皇の発願により天平勝宝元年(749)創建、同4年開眼供養。二度の戦火などで改鋳が重ねられ、台座蓮弁の一部のみが当初のもので、胴部鎌倉時代、頭部は元禄3年(1690)の鋳造

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ならのだいぶつ【奈良の大仏】

奈良東大寺大仏殿の毘盧舎那仏びるしやなぶつのこと。銅像。像高14.85メートル。聖武天皇の発願により造立、752年開眼供養が行われた。二度の兵火により像容が損なわれ、修復された。現在のものは胴部は鎌倉時代、頭部は元禄3年(1690)の鋳造。台座の蓮弁の一部と大仏殿前の金銅大灯籠は当初のもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なら【奈良】 の 大仏(だいぶつ)

東大寺大仏殿の本尊。華厳宗の教主盧舎那仏坐像で、日本最大の金銅仏。像高一四・八七メートル。天平勝宝元年(七四九)に完成。同四年聖武太上天皇・孝謙天皇・光明皇太后・橘諸兄らが参列してインドから来日の菩提僊那により開眼。その後二度の炎上などで改鋳され、当初のものは台座の蓮弁、左大腿の褶襞(しゅうへき)のみに残る。胴身は鎌倉期、頭首は元祿期のもの。国宝。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奈良の大仏の関連情報