コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大八島 おおやしま

世界大百科事典内の大八島の言及

【国生み神話】より

…日本神話の中の一つ。天津神(あまつかみ)の命を受けて磤馭慮島(おのごろじま)に天降った伊弉諾(いざなき)尊・伊弉冉(いざなみ)尊の男女2神が,そこに神の依代(よりしろ)である柱を立て,その周囲を回り合って,互いに愛の言葉をかけ成婚して,大日本豊秋津洲(おおやまととよあきづしま)をはじめとする大八島国を生む神話である。異伝は記紀2書,《古語拾遺》《旧事本紀》などに10種余を伝えるが,《古事記》が最も詳しく完成した姿を見せている。…

【八十島祭】より

…当時難波津には大小さまざまの島が散在しており,八十島祭の名もそれにもとづく。おそらく祭りは島々を天皇の版図としての大八島(おおやしま)に見立て,その霊を御衣に付着させて天皇の身体を活性化し,同時に国土の生成を願ったものであろう。やはり1代1度の大嘗祭と密接に関連しつつ,この祭りによって大八島の主としての資格が完成するとされたらしい。…

※「大八島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大八島の関連キーワード現事・顕事国生み神話八十島祭現つ御神らま熊襲

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android