コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

続日本後紀 しょくにほんこうき

6件 の用語解説(続日本後紀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

続日本後紀
しょくにほんこうき

日本後紀』に続き天長 10 (833) 年から嘉祥3 (850) 年にいたる仁明天皇一代の編年史六国史の一つ。 20巻。貞観 11 (869) 年成立。編修者には藤原氏の北家のなかで,のちの摂関家流の祖にあたる良房やその同調者が多いが,中心となったのは学者春澄善縄

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょくにほんこうき【続日本後紀】

平安前期の歴史書。六国史(りっこくし)の第四。20巻。藤原良房藤原良相伴善男らの撰。貞観11年(869)成立。仁明天皇の治世(833~50)18年間を、漢文の編年体で記述。続後紀。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

続日本後紀【しょくにほんこうき】

日本後紀》に次ぐ勅撰の歴史書。六国史(りっこくし)の第4。20巻。藤原良房(よしふさ)・春澄善縄(はるずみのよしただ)らの編で869年成立。833年−850年までの仁明(にんみょう)天皇1代18年間の歴史を編年体で記述し,平安初期の根本史料
→関連項目有智子内親王霧島山柘枝伝説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょくにほんこうき【続日本後紀】

日本古代の史書。六国史の第4。20巻。仁明天皇1代,833年(天長10)から850年(嘉祥3)にいたる18年間の歴史を記す。文徳天皇の命により,藤原良房,春澄善縄らが編纂にあたり,清和天皇の869年(貞観11)に完成奏上。以前の国史の体裁を追いながらも,天皇1代の実録としての性格を強めており,記事詳密,体裁も整備されている。ただし現存の写本には錯簡,脱文,省略等が多い。《新訂増補国史大系》所収。【笹山 晴生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょくにほんこうき【続日本後紀】

平安前期の勅撰の史書。六国史の第四。二〇巻。藤原良房・藤原良相・伴善男らにより869年撰進。仁明天皇在位18年間(833~850)を編年体で記す。続後紀。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

続日本後紀
しょくにほんこうき

日本後紀』に続く勅撰(ちょくせん)の歴史書。20巻。「六国史(りっこくし)」の4番目。833年(天長10)の仁明(にんみょう)天皇の即位より850年(嘉祥3)の仁明の死去と葬儀に至る18年の歴史を記す。855年(斉衡2)文徳(もんとく)天皇の命により藤原良房(よしふさ)、藤原良相(よしすけ)、伴善男(とものよしお)、春澄善縄(はるずみのよしただ)、県犬養貞守(あがたいぬかいのさだもり)の5人が編集にあたり、清和(せいわ)天皇の869年(貞観11)に完成・奏上した。この間、良相は病死、善男は応天門(おうてんもん)の変によって伊豆に流され、貞守は駿河守(するがのかみ)となって赴任したため、残った良房、善縄によって奏上された。これまでの国史は数代から数十代の天皇の時代のことを扱っているのに対し、本書は仁明天皇一代を対象とする点が特色で、記事も詳しい。古写本には1136年(保延2)の写本を影写した高柳光寿(みつとし)旧蔵本があり、巻5、巻8の2巻が現存する。そのほかに室町時代書写の三条西(さんじょうにし)家本系統の写本があるが、錯簡、脱文、省略が多い。『国史大系』所収。[直木孝次郎]
『坂本太郎著『六国史』(1970・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

続日本後紀の関連キーワード仁明天皇淳和天皇仁明天皇マームーン南淵弘貞仁明天皇公訴時効撤廃大江山義真続日本後紀

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

続日本後紀の関連情報