コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大口定期預金 おおぐちていきよきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大口定期預金
おおぐちていきよきん

大口定期預金は最低預入額が大きく,金利が自由化された定期預金。厳密には大口定期預金という金融商品はなく,最低預入額が 1000万円以上の自由金利定期預金の総称である。 1985年 10月に最低預入額 10億円で導入されたのが最初で,以後段階的に最低預入額は引下げられ,91年 11月には 300万円となった。その結果,金利選好が高まり残高は 91年度末で 222兆 9000億円に達している。金利は確定金利であり,金融機関と預金者との相対交渉で決るが,実際はおおむね1週間ごとに基準金利を設定している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大口定期預金の関連キーワード自由金利商品大口預金金利貯蓄預金規制金利CD

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android