大学入試への英語民間試験導入

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大学入試への英語民間試験導入

20年度からの「大学入学共通テスト」を運用する大学入試センターが、TOEFL、GTECなどあらかじめ認定した民間試験の成績を、国際基準をもとに比較したうえで大学に提供する。「共通テスト」にも英語の試験はあるが、大学は民間試験のみを参照したり、両方の成績を加味したりして合否判定に使える。 【写真説明】(上)民間試験のスピーキングテストを受ける高校1年生=南魚沼市浦佐の県立国際情報高校(中)生徒同士で英語で質問し合う=新潟市秋葉区の県立新津南高校(下)時折日本語でヒントを出しながら生徒の間を回る室本亜由美教諭(奥)とALTのグラントさん(奥から2人目)=胎内市東本町の県立中条高校

(2019-02-13 朝日新聞 朝刊 新潟全県・2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android