コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大春日真野麻呂 おおかすがの まのまろ

2件 の用語解説(大春日真野麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大春日真野麻呂 おおかすがの-まのまろ

?-? 平安時代前期の暦算家。
斉衡(さいこう)3年(856)以前より暦博士をつとめ,のち陰陽頭(おんようのかみ)をかねる。真野麻呂の上申により,4年五紀暦(ごきれき),貞観(じょうがん)3年宣明(せんみょう)暦の採用がみとめられた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大春日真野麻呂

生年:生没年不詳
平安前期の暦学者。『文徳天皇実録』巻8に「天安元(857)年正月17日,真野麻呂暦術独歩,能く祖業を襲い,此の道を相伝して今5世になり」とある。さらに「暦博士大春日朝臣真野麻呂上に請う,開元大衍暦経を以て暦を造ること年久し。而して今大唐開成4(839)年,大中3(849)年両年暦を検するに月の大小を注すに頗る相謬るあり」うんぬんとあって,当時わが国で用いられていた大衍暦を,唐で使用されている五紀暦に改めるよう進言している。これより先,天平宝字7(763)年大春日船主が具注・七曜・頒暦・中星の4種の暦を造って上に奉ったとの記録があり真野麻呂はこの船主の孫である。

(内田正男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大春日真野麻呂の関連キーワード日本三代実録日本文徳天皇実録文徳実録六国史類聚国史蔵鉤百済貴命藤原順子藤原美都子善淵愛成

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone