斉衡(読み)サイコウ

日本の元号がわかる事典の解説

さいこう【斉衡】

日本の元号(年号)。平安時代の854年から857年まで、文徳(もんとく)天皇の代の元号。前元号は仁寿(にんじゅ)。次元号は天安(てんあん)。854年(仁寿4)11月30日改元。石見(いわみ)国(島根県西部)から醴泉(れいせん)の瑞(ずい)を献上されたことを祥瑞(しょうずい)として行われた(祥瑞改元)。『孫氏瑞応図』を出典とする命名。857年(天安1)、天安の改元直前に、藤原北家の藤原良房(よしふさ)が人臣初の太政大臣に任じられた。文徳天皇は翌年、皇嗣を決めないまま崩御したため、良房は9歳の清和(せいわ)天皇外祖父として、実質的な摂政となった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さいこう サイカウ【斉衡】

平安時代、文徳天皇の代の年号。仁寿四年(八五四)一一月三〇日に改元。斉衡四年(八五七)二月、天安(てんあん)と改元された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android