コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暦博士 れきはかせ

4件 の用語解説(暦博士の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

暦博士
れきはかせ

朝廷で暦をつくった官吏をいう。欽明 15 (554) 年に百済から暦博士を招いたと『日本書紀』にあるが,律令制では中務省陰陽寮に所属する従七位上相当の官吏。定員1人。中国の暦法によって暦をつくるほか 10人の暦生を教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

れき‐はかせ【暦博士】

こよみのはかせ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

れきはかせ【暦博士】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

暦博士
れきはかせ

「こよみのはかせ」ともいう。暦をつくり、また暦生に暦道を教える官職。554年に朝廷の要請により、百済(くだら)から暦博士王保孫(おうほそん)が来朝している。令(りょう)制では中務(なかつかさ)省の陰陽寮(おんみょうりょう)に属し、従(じゅ)七位相当官であったが、平安時代以降は五位の者が任じられた。定員は1名で、のちに権暦博士(ごんのれきはかせ)を増員した。791年(延暦10)から職田3町を給せられた。平安中期から賀茂(かも)家が世襲するようになったが、戦国時代にいったん暦博士の職は絶え、江戸時代初頭に賀茂家の末裔(まつえい)(幸徳井(こうとくい)家)によって復活し、幕末に至った。江戸時代の暦博士は、幕府天文方が作成した暦の草案に陰陽道による暦注を記入するだけで、編暦には携わらなかった。[岡田芳朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暦博士の関連キーワード音博士陰陽博士暦手暦の博士書博士時守博士なまよみの暦本暦の奏読聞かせる

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

暦博士の関連情報