コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暦博士 れきはかせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

暦博士
れきはかせ

朝廷で暦をつくった官吏をいう。欽明 15 (554) 年に百済から暦博士を招いたと『日本書紀』にあるが,律令制では中務省陰陽寮に所属する従七位上相当の官吏。定員1人。中国の暦法によって暦をつくるほか 10人の暦生を教授。平安時代中期以降おもに賀茂氏が世襲する職となったが,近世に入って廃絶。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

暦博士
れきはかせ

「こよみのはかせ」ともいう。暦をつくり、また暦生に暦道を教える官職。554年に朝廷の要請により、百済(くだら)から暦博士王保孫(おうほそん)が来朝している。令(りょう)制では中務(なかつかさ)省の陰陽寮(おんみょうりょう)に属し、従(じゅ)七位相当官であったが、平安時代以降は五位の者が任じられた。定員は1名で、のちに権暦博士(ごんのれきはかせ)を増員した。791年(延暦10)から職田3町を給せられた。平安中期から賀茂(かも)家が世襲するようになったが、戦国時代にいったん暦博士の職は絶え、江戸時代初頭に賀茂家の末裔(まつえい)(幸徳井(こうとくい)家)によって復活し、幕末に至った。江戸時代の暦博士は、幕府天文方が作成した暦の草案に陰陽道による暦注を記入するだけで、編暦には携わらなかった。[岡田芳朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

暦博士の関連キーワード王有〓(“りっしんべん”に「夌」)陀陰陽道(おんみょうどう)大春日真野麻呂幸徳井友親賀茂在弘刀岐清浜賀茂保憲御暦の奏賀茂光栄王孝通天文台宣明暦陰陽道曇慧仁統

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

暦博士の関連情報