コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大根焚き ダイコタキ

デジタル大辞泉の解説

だいこ‐たき【大根焚き】

京都市右京区鳴滝の了徳寺で、12月9日に行う行事。大根を煮て開山親鸞(しんらん)上人に供え、信者にも分ける。 冬》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だいこたき【大根焚き】

12月9、10の二日間、京都鳴滝の了徳寺で行う行事。大根を煮て開山の親鸞しんらんに供え、参集した人々にも供する。 [季] 冬。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大根焚きの関連キーワード加藤 道子

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大根焚きの関連情報