鳴滝(読み)ナルタキ

世界大百科事典 第2版の解説

なるたき【鳴滝】

歌枕。(1)京都市右京区鳴滝にある鳴滝川(御室川)に沿う地域。平安京の禊の場所であった。双ヶ丘(ならびがおか)の北にあたる。川は岩石の多い急流で,鳴滝の名のもとになる。中世,寺が多かったがおおむね廃絶。近衛家所伝の典籍記録を蔵する陽明文庫がここにある。《蜻蛉日記》の藤原道綱母は鳴滝に参籠(般若寺のことか。現在廃絶)して,〈身ひとつのかくなる滝を尋ぬればさらにかへらぬ水もすみけり〉と詠んでいる。(2)和歌山市園部にある,鳴滝川上流山間の小滝。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳴滝
なるたき

京都市西郊、右京区の一地区。東は御室(おむろ)、西は嵯峨野(さがの)の間に位置する。中央を鳴滝川ともよばれる御室川が北西より南東に流れ、平安時代は禊(みそぎ)の場所で、多くの貴紳が訪れた。地名はこの渓流の水音によるものと考えられ、歌枕(うたまくら)としても知られた。現在は高級住宅地で、国立病院機構宇多野病院がある。京福電鉄北野線が通じる。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域遺産の解説

鳴滝

(岡山県新見市菅生用郷)
新見癒やしの名勝遺産」指定の地域遺産。
陽明学者・山田方谷が訪れ詩をよんでいる。1912(明治45)年石垣造りの林道が開削された

鳴滝

(徳島県徳島市飯谷町大ノ上)
とくしま市民遺産」指定の地域遺産。
飯谷小学校前のバス停から南の山際に入ったところにある。地元の人たちから「鳴滝さん」と呼ばれている

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なるたき【鳴滝】

京都市右京区の地名。高雄から平岡に連なる山地をも含み、良質の砥石(といし)を産出した。
浮世草子・好色二代男(1684)六「大地に衣ぬき捨早駕籠にうつして、鳴滝(ナルタキ)の遊山屋敷にしのばせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鳴滝の言及

【鳴滝組】より

…昭和10年前後(1934‐37ころ)に京都の鳴滝の住人だった映画監督,脚本家のグループの名称。山中貞雄稲垣浩,滝沢英輔,荒井良平,土肥正幹,三村伸太郎,八尋不二,藤井滋司の8人が〈梶原金八〉というペンネームで新しい自由な映画づくりをめざしてシナリオの合作や共同製作を行った。…

※「鳴滝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鳴滝の関連情報