大根(読み)オオネ

デジタル大辞泉の解説

おお‐ね〔おほ‐〕【大根】

物事の大もと。根本(こんぽん)。
「私はもともと事の―を攫んでいなかった」〈漱石・こゝろ〉
太い矢の根。
ダイコンの古名。 冬》
「つぎねふ山代女(やましろめ)の、木鍬(こくは)持ち打ちし―」〈・下・歌謡〉

だい‐こ【大根】

だいこん(大根)」の音変化。

だい‐こん【大根】

《「おおね」を音読みにした語》
アブラナ科の越年草または一年草。白い長大な円柱状の根をもつ。葉は長く、羽状に深く裂ける。春、約1メートルの茎が伸び、淡紫色または白色の多数の花が咲く。ヨーロッパの原産で、日本には古く中国から渡来。根・葉を食用とする。春の七草の一。すずしろ。つちおおね。だいこ。 冬 花=春》「流れゆく―の葉の早さかな/虚子
「大根役者」のこと。演技力のない役者をあざけっていう語。→大根役者補説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおね【大根】

物事のおおもと。根本。 「やつと自分を苦しめる不安の-に辿たどり付いた/明暗 漱石
太い鏃やじり
ダイコンの古名。 「山代女の木鍬持ち打ちし-/古事記

だいこ【大根】

「だいこん(大根)」の転。

だいこん【大根】

〔「おおね」の漢字表記「大根」を音読みした語〕
アブラナ科の越年生植物。古く中国を経て渡来。根はまっすぐで太く白い。葉は羽状に分裂。春、淡紫色ないし白色の十字形花を総状につける。栽培品種が多い。生食し、また煮物・たくあん・切り干しなどにする。ダイコ。古名オオネ・スズシロ。春の七草の一。 [季] 冬。 〔「大根の花」は [季] 春〕
「大根役者」の略。
[句項目] 大根干す

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

大根 (ダイコン・オオネ;ダイコ)

学名:Raphanus sativus
植物。アブラナ科の越年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の大根の言及

【ダイコン(大根)】より

…【平岡 達也】
[料理]
 《延喜式》に耕作法の記載があるように,ダイコンは古くから栽培され,食用にされていた。古名を〈おおね〉といい,《和名抄》は〈葍〉〈蘿菔〉の字をあて,〈俗に大根の二字を用う〉としている。ほかに,〈蘿蔔(らふ)〉とも書き,せん切りにした意味の繊蘿蔔がなまって千六本ということばが生じたという。…

※「大根」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大根の関連情報