コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親鸞 しんらん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

親鸞
しんらん

[生]承安3(1173).京都
[没]弘長2(1262).11.28. 京都
鎌倉時代の僧。浄土真宗の開祖。幼時に母を失い,9歳で出家。養和1 (1181) 年青蓮院の慈円について得度したと伝える。比叡山で 20年間学び修行したが,安心が得られず,建仁1 (1201) 年京都の六角堂に 100ヵ日の参籠に入り,それが機縁となって吉水の法然の門弟となり,ここで浄土教の教えを受けた。建永2 (07) 年旧仏教の讒訴によって法然は土佐に,親鸞は越後に流された。のち,越後で豪族の娘恵信尼と結婚したようである。勅赦ののち,法然の死を知って京都に戻らず,常陸地方の教化を志し,関東で『教行信証』 (6巻) を一応脱稿。貞永1 (32) 年頃京都に戻った。『三帖和讃』『唯信鈔文意』などを著わす。 90歳で寂。末娘覚信尼が親鸞の廟を建てた。のち大谷の姓を授かる。『歎異鈔 (たんにしょう) 』は晩年の言行を弟子,唯円 (ゆいえん) らが記したものであろう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

親鸞

鎌倉初期、民衆に念仏の教えを広めた。1921年に西本願寺で見つかった親鸞の娘・覚信尼(かくしんに)あての文書などから、一般的には妻は恵信尼とされている。

(2012-06-08 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しんらん【親鸞】

[1173~1262]鎌倉初期の僧。浄土真宗の開祖。日野有範(ひのありのり)の子。比叡山天台宗などを学び、29歳のとき法然に師事し、他力教に帰した。師の法難に連座して越後に流され、ここで恵信尼と結婚し、善鸞覚信尼をもうけた。のち、許されて常陸(ひたち)信濃(しなの)下野(しもつけ)などを教化(きょうけ)し、浄土真宗を開き、阿弥陀による万人救済を説いた。著「教行信証」「愚禿鈔」など。見真大師。→御正忌(ごしょうき)大遠忌(だいおんき)
丹羽文雄による長編小説昭和40年(1965)から昭和44年(1969)にかけて、産経新聞に連載。単行本は昭和44年(1969)、全5冊で刊行。本作の功労により、著者は昭和45年(1970)の第4回仏教伝道文化賞を受賞した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

親鸞【しんらん】

鎌倉時代の僧。浄土真宗開山。諡(おくりな)は見真大師。出家後しばしば法名を変え,範宴・綽空善信と称す。曇鸞他力回向(えこう)によって発得して以来,親鸞と名のり,愚禿(ぐとく)と称した。
→関連項目悪人往生譚悪人正機説回向小野清一郎開山・開基鎌倉仏教毫接寺私聚百因縁集浄土教照蓮寺専修寺専修寺天台宗東塔曇鸞直江津西本願寺念仏野間宏日野仏教仏光寺報恩講蓮如和讃

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

親鸞 しんらん

1173-1263* 鎌倉時代の僧。
承安(じょうあん)3年生まれ。日野有範(ありのり)の子。妻は恵信尼(えしんに)。浄土真宗の開祖。比叡(ひえい)山で修学し,建仁(けんにん)元年源空(法然)の門にはいり,専修(せんじゅ)念仏に帰依(きえ)。念仏教団禁圧により越後(えちご)(新潟県)に流罪となる。建暦(けんりゃく)元年ゆるされ,関東で布教。60歳ごろ京都にもどり,著述と門弟の指導につとめた。絶対他力・悪人正機(しょうき)説をとなえ,肉食妻帯の在家主義を肯定した。弘長(こうちょう)2年11月28日死去。90歳。法名は別に綽空(しゃくくう),善信。号は愚禿(ぐとく)。諡号(しごう)は見真大師。著作に「教行(きょうぎょう)信証」「和讃」,語録に唯円編「歎異抄(たんにしょう)」など。
【格言など】善人なおもて往生をとぐ,いわんや悪人をや(「歎異抄」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

親鸞

吉川英治の長編歴史小説。1938年刊行。田坂具隆監督、中村錦之助主演の同名映画(1960/二部作)の原作。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんらん【親鸞】

1173‐1262(承安3‐弘長2)
浄土真宗の開祖。父は皇太后宮大進日野有範。1181年(養和1)9歳の春,慈円のもとで出家し範宴(はんえん)と号す。比叡山で堂僧として20年の修行をつんだが悟りを得ず,1201年(建仁1)29歳のとき京都六角堂に参籠して本尊救世観音に指針を求めた。このとき聖徳太子示現を得て,法然(源空)の門に入った。法然の主著《選択(せんちやく)本願念仏集》は専修(せんじゆ)念仏をよく理解した高弟にのみ見写が許されたが,05年(元久2)4月,親鸞は入門5年で書写を認められ,法然みずから題字と僧綽空(しやくくう)という当時の親鸞の名を書いて与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんらん【親鸞】

1173~1262) 鎌倉初期の僧。浄土真宗の開祖。別称、範宴・綽空しやくくう・善信。諡号しごう、見真大師。日野有範の子と伝える。初め比叡山で天台宗を学び、のち法然の専修念仏の門に入る。1207年念仏停止の法難に遭い、越後に流罪。赦免ののち長く関東に住み布教と著述を行う。法然の思想をさらに徹底させ、絶対他力による極楽往生を説き、悪人正機を唱えた。主著「教行信証」は、他力の立場から浄土教の教理を純化・体系化したもの。ほかに「唯信鈔文意」などがある。唯円編の法語集「歎異抄」は有名。妻は恵信尼。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

親鸞 (しんらん)

生年月日:1173年4月1日
鎌倉時代前期の僧
1263年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の親鸞の言及

【悪人正機】より

…浄土真宗の開祖親鸞の教えの特徴をあらわす言葉。悪人こそが阿弥陀仏の救いの主対象であること。…

【大谷本廟】より

…浄土真宗の開祖親鸞の墓所。京都市東山区五条坂にある。…

【教行信証】より

…浄土真宗の開祖親鸞の主著。くわしくは《顕浄土真実教行証文類》。…

【教相判釈】より

…これを改正増補して隋の天台宗の智顗(ちぎ)は,一華厳(阿含)時,二鹿苑時,三方等時,四般若時,五法華・涅槃時の五時にわたり,説法方法からして頓・漸・秘密・不定の四教と説法内容からして蔵・通・別・円の四教との八教が説かれたという五時八教の教判を完成させ,唐の華厳宗の智儼(602‐668)や法蔵は,一小乗教,二大乗始教,三終教,四頓教,五円教の五教と,我法俱有宗,法有我無宗,法無去来宗,現通仮実宗,俗妄真実宗,諸法但名宗,一切皆空宗,真徳不空宗,相想俱絶宗,円明俱徳宗の十宗の教判を完成させた。日本においても,空海の顕密二教を分かち十住心(《十住心論》)を立てる教判や,親鸞の頓教に難行易行の二道と竪超横超の二超を立てて漸教・小乗教に対比させる教判などが説かれた。【荒牧 典俊】。…

【三帖和讃】より

…親鸞が作った《浄土和讃》《浄土高僧和讃》《正像末法(しようぞうまつポう)和讃》の3部の総称。《浄土和讃》116首は,曇鸞(どんらん)の《讃阿弥陀仏偈(さんあみだぶつげ)》と浄土三部経などによって阿弥陀如来を讃嘆し,《浄土高僧和讃》117首は,竜樹など7人の高僧をたたえる。…

【出家とその弟子】より

…大正期の宗教文学の傑作として著名。親鸞の思想を下敷きにし,宗教と愛欲,罪と愛との葛藤を問題意識として展開。親鸞とその弟子の唯円,親鸞の子の善鸞,遊女浅香らが中心人物。…

【正信偈】より

…真宗の宗祖親鸞の撰述。正しくは〈正信念仏偈〉という。…

【浄土教】より

…ただし,慧遠を中心とする結社は高僧隠士の求道の集まりで,主として《般舟三昧経》に依拠して見仏を期し,各人が三昧の境地を体得しようと志すものであって,ひろく大衆を対象とする信仰運動ではなかった。日本の法然,親鸞らを導いた純浄土教義と信仰は,北魏末の曇鸞(どんらん)に始まり,道綽(どうしやく)を経て善導によって大成される。はじめ竜樹系の空思想に親しんでいた曇鸞は,洛陽でインド僧の菩提流支に会い,新訳の世親撰《無量寿経論》を示されて浄土教に回心し,のち山西の玄中寺でこれを注解した《往生論註》を撰述し,仏道修行の道として仏の本願力に乗ずる易行道につくことを宣布するとともに,いわゆる〈浄土三部経〉を浄土往生の信仰の中心とする浄土教義をうちたてた。…

【聖徳太子】より

…1069年(延久1)には法隆寺東院絵殿に障子絵伝が描かれ,1121年(保安2)には西院に聖霊院が造立されたのは四天王寺の影響があろう。 中世には,橘寺,広隆寺など周辺の太子にかかわる天台寺院,そして,太子創建と伝える京都の六角堂に参籠した親鸞が夢告を受け回心したと伝える(聖徳太子内因曼荼羅)ことを契機とする,親鸞の太子信仰を継承する高田専修寺派を中心とする浄土真宗寺院によって太子伝の絵解き唱導が広く行われ,大量の絵伝と物語化した太子伝記が生みだされた。その典型は,1320年(元応2)ころに四天王寺で製作された《正法輪蔵》で,それは中世に醸成された太子をめぐる豊かな秘事口伝を含む。…

【浄土真宗】より

親鸞を宗祖とする仏教の一派。略して真宗ともいう。…

【歎異抄】より

…親鸞の語録。1巻。…

【罪】より

…紀元後にインドで成立した浄土教は,このように原始仏教以来の倫理的な罪悪観をいっそう掘り下げたところに特徴があった。そしてこれが中国に伝えられると,唐代に活躍した善導によって浄土教の罪業意識はさらに深く追求され,やがて日本の親鸞の思想に大きな影響を与えた。すなわち親鸞によれば,人間は本質的に罪悪深重(ざいあくじんじゆう)の凡夫であり,救われざる存在であるが,しかしただ一つ阿弥陀仏の他力を信ずること=他力本願を通して救われるのだ,という(《歎異抄》)。…

【曇鸞】より

…いわゆる〈浄土三部経〉(《無量寿経》《観無量寿経》《阿弥陀経》)を浄土往生の信仰の聖典とし,《無量寿経論》の注釈たる主著《往生論註》のほか,阿弥陀仏への賛美歌ともいうべき《讃阿弥陀仏偈》を著し,〈難行道〉を捨てて仏願力に乗ずる〈易行道〉につくべきことを宣布し,浄土教義を確立した。その教義は,道綽(どうしやく),善導をへて日本に伝わり,法然,親鸞,とくに親鸞の浄土教義の基礎となった。【礪波 護】。…

【念仏】より

…南無阿弥陀仏と弥陀の名号を唱えて,極楽浄土への往生を期する,いわば〈念仏宗〉ともいうべき新宗派があいついで出現した。法然が開いた浄土宗,その弟子親鸞が立てた浄土真宗,さらに一遍を祖とする時宗がそれである。法然は諸行を捨て念仏の一行を選んだが,彼はその念仏はすでに弥陀によって選択されていた本願の念仏であったとし,念仏に絶対の価値を認めた。…

【仏教】より

…これまでのように観想の阿弥陀仏礼拝も,浄土三部経の読誦も不要であり,称名念仏だけが〈正定業(しようじようごう)〉であるという点で,阿弥陀信仰はより易行(いぎよう)となり,在家民衆の生活のなかに定着する条件をそなえた。法然の教えをさらに徹底化したのが,浄土真宗(真宗)を開いたその弟子親鸞である。師の法然がおもに京都で活躍したのに対し,親鸞は晩年こそ京都に帰ったが,越後に流されたあと妻帯し,そののち関東に移り,東国辺地の農民や下級武士に法を説いた。…

【本願寺】より

…七条堀川の西本願寺と七条烏丸の東本願寺の両寺がある。1262年(弘長2)親鸞が没すると東山大谷に簡素な墓所が設けられた。72年(文永9)親鸞の門弟や末娘覚信尼は,墓所の北,吉水の覚信尼住地に廟堂を建て親鸞影像を安置した。…

【末灯鈔】より

親鸞の書簡集。親鸞は東国20年の布教を中止して1234年(文暦1)ころ京都に帰った。…

【六角堂】より

…平安中期,すでに太子信仰と観音の霊験で知られ,貴賤男女の参籠がつづき,洛陽七観音の一つとして栄えた。鎌倉初期,比叡山の堂僧だった青年時代の親鸞が当寺に100日間参籠し,聖徳太子の夢告を得て法然房源空の専修(せんじゆ)念仏門に帰した話は有名である。寺地が下京の中心だった関係上,室町中期からの当寺は〈町堂〉として,町衆の生活文化や自治活動の中心地となる役割も果たした。…

【和讃】より

…《梁塵秘抄》には,和讃から出たと思われる今様がいくつか収載されており,それが和讃へ逆輸入されて,和讃に今様調が現れはじめる。鎌倉時代以後和讃の主流となった4句1首形式は,今様の影響下に成立したものといわれ,和讃作者として高く評価されている親鸞の和讃も,すべてこの4句1首形式で,七五調によっている。親鸞の代表作は,浄土和讃・浄土高僧和讃・正像末法和讃のいわゆる《三帖和讃》で,親鸞自身の豊かな宗教感動を軸として,抒情に流されることなく,理智的な構成美と高い格調を持っている。…

※「親鸞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

親鸞の関連キーワード新潟県長岡市上岩井三帖和讃・三帖和讚出家とその弟子今御前の母寺田 弥吉西方指南抄悪人正機覚如上人二十四輩如信上人極楽往生専修念仏吉川英治生年月日御伝鈔末燈鈔御霜月西念寺御正忌大遠忌

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

親鸞の関連情報