開山(読み)かいさん

  • かいざん

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)《寺を山に建て、寺が山号で呼ばれたところから》
仏寺を初めて開くこと。また、開いた僧。開基。
一宗一派を初めて開いた僧。祖師。開祖。
ある物事の創始者。
「達人は自ら法門を開く、僕も菊池流の茶の湯の―をしようと」〈蘆花思出の記
ある物事の権威者、第一人者。
「露に時雨に両袖をぬれの―、高雄(たかを)が女郎盛りを見んと」〈浮・一代男・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
山を開いて寺を建てたことから 寺を建立すること。また、その寺を開いた人。開基。 出家して入唐帰朝の後-す/奥の細道
宗派の祖。開祖。祖師。
技術・芸能・武道など、一流をたてた者。 かいざんと濁って言う場合もある
スル
山開き。 ⇔ 閉山へいざん -式かいさん開山

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寺院を開設した僧。もとは人跡未踏の山を開き、寺を建てた僧をさした。のちには山に限らず、新しく寺を創建した僧も開山とよぶ。開山には実際に寺を開いた創建開山と、高徳のゆえ請(こ)われてなる勧請(かんじょう)開山とがある。また衰えた寺を復興した僧を中興開山、準開山という。開山のための追善供養の法要を開山忌、開山の像や位牌(いはい)を祀(まつ)る建物を開山堂、祖師堂、御影堂(みえいどう)などという。また一宗を開いた人(開祖)をよぶこともある。[永井政之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (「山」を開いて寺を建てたところから) はじめてある寺を建てること。また、その寺をはじめて開いた僧。開基。あるいは、各宗派の開祖のこと。
※雑談集(1305)三「東福の開山の座下にして」
② (比喩的に用いて) ある物事の創始者。また、一流を創始すること。
※土井本周易抄(1477)二「配祖考とは周は后稷が開山で」
③ その道の権威者。第一人者。
※浮世草子・好色一代男(1682)七「露に時雨(しぐれ)に、両袖をぬれの開山(カイサン)高雄が女郎盛(ざかり)を見んと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の開山の言及

【開山・開基】より

…転じて宗派の開祖のことをもいい,これは宗派の開設が一般寺院の創建をともなったことによる。古くは閑静な地を選び,山谷を切り開いて堂宇を創建したので,開山と称した。鎌倉時代以後,寺号の上に山号を付すのはこのことによる。…

※「開山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開山の関連情報