コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大概念不当周延の虚偽 ダイガイネンフトウシュウエンノキョギ

デジタル大辞泉の解説

だいがいねんふとうしゅうえん‐の‐きょぎ〔ダイガイネンフタウシウエン‐〕【大概念不当周延の虚偽】

論理学における定言的三段論法で、前提では不周延である大概念を結論で周延させるために生じる虚偽。例えば、「すべての動物愛護者は心の優しい人である。彼は動物愛護者ではない。故に、彼は心の優しい人ではない」の類。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大概念不当周延の虚偽の関連キーワード論理学

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android