コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定言的三段論法 テイゲンテキサンダンロンポウ

大辞林 第三版の解説

ていげんてきさんだんろんぽう【定言的三段論法】

〘論〙 大前提および小前提が定言命題から成る三段論法。 → 三段論法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の定言的三段論法の言及

【三段論法】より

…かっこ内のラテン語名(*印以外のすべてにつけられている)は,古くから用いられている略称である。以上の(3),表は,正確には〈定言的三段論法〉と呼ばれ,次の(4),(5),(6)とは区別されている(以下において,p,q,rは任意の命題を表すものとする)。 (4)〈“pならばq”,“qならばr”⇒“pならばr”〉という型の推論は〈純粋仮言三段論法〉,〈“pならばq”,“p”⇒“q”〉は〈仮言三段論法〉の〈肯定式〉,〈“pならばq”,“qでない”⇒“pでない”〉は同論法の〈否定式〉と呼ばれている。…

※「定言的三段論法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

定言的三段論法の関連キーワード大概念不当周延の虚偽不当周延の虚偽不当周延の誤謬格と式大概念小概念中概念推理変格中項

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android