大江 新太郎(読み)オオエ シンタロウ

20世紀日本人名事典の解説

大江 新太郎
オオエ シンタロウ

明治〜昭和期の建築家



生年
明治12(1879)年10月26日

没年
昭和10(1935)年6月17日

出生地
京都府

学歴〔年〕
東京帝国大学建築学科〔明治37年〕卒

経歴
大学院に進み、明治38年東大講師となり、満州で建築調査。40年日光社寺大修繕の工事監督。大正4年明治神宮の造営に当たった。9年から母校で日本初の庭園学を講じた。昭和4年には伊勢神宮遷宮に技師として参画するなど、伝統的建築の道を歩き、晩年は自宅に大江国風建築塾を開いた。代表作に「明治神宮宝物殿」「宝生会能楽堂」「神田神社」「醍醐寺宝物館宝庫」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android