コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江青湾 おおえ せいわん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江青湾 おおえ-せいわん

?-? 織豊時代の茶人。
大坂城北の淀川のほとりにすみ,雨の日は門をとじて訪客にこたえず,茶法異色であった。のち豊臣秀吉の寵愛(ちょうあい)をうけ,青湾の号をあたえられた。茶事に精通し交友もひろかったが,秀吉の没後はふたたび隠遁(いんとん)した。名は渦。字(あざな)は清卿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大江青湾の関連キーワード織豊時代茶人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android