訪客(読み)ほうきゃく

精選版 日本国語大辞典 「訪客」の意味・読み・例文・類語

ほう‐きゃく ハウ‥【訪客】

銃後(1913)〈桜井忠温〉三〇「惨たる記念の北砲台は、〈略〉訪客(ハウキャク)は必ずや馬を駐(とど)め、襟を潤すであらうと思ふ」

ほう‐かく ハウ‥【訪客】

〘名〙 訪れて来る客。訪問客。ほうきゃく。
※大英游記(1908)〈杉村楚人冠前記宮城吏員は訪客(ハウカク)より一厘銭を受くることを得ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「訪客」の意味・読み・例文・類語

ほう‐かく〔ハウ‐〕【訪客】

訪れて来る客。訪問客。ほうきゃく。
「―を告げる小間使が」〈芥川手巾
[類語]客人来客来訪者訪問者賓客来賓まろうどゲスト先客珍客弔客

ほう‐きゃく〔ハウ‐〕【訪客】

ほうかく(訪客)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android