コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大沢四郎右衛門 おおさわ しろうえもん

2件 の用語解説(大沢四郎右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大沢四郎右衛門 おおさわ-しろうえもん

?-1639 江戸時代前期の貿易家。
廻船業をいとなむ家に生まれる。寛永9年(1632)安南(ベトナム)に渡航。国王より銀1000両をあずかり,長剣,鉢,硫黄などを購入してとどけた。海外渡航の禁止令がでるまで,定期的に船を出した。寛永16年8月26日死去。京都出身。名は光中。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大沢四郎右衛門

没年:寛永16.8.26(1639.9.23)
生年:生年不詳
江戸前期の海外貿易商人。名は光中。山城国紀伊郡下鳥羽村(京都市)出身。大沢氏は永和4(1378)年8月,鳥羽荘司となる。曾祖父行元の代に,材木や兵糧米の運送を通じ,時の権力者(織田信長,豊臣秀吉,徳川家康)と関係を持ちながら西国で廻船業を営み海外発展の基礎が作られた。四郎右衛門は,寛永9(1632)年安南国(ベトナム)へ渡航。同国の洪郡公より銀1000両を託され,日本物産(長剣,硫黄,鉢など)の輸入契約を履行。翌年再び安南国へ渡り,洪郡公と輸入契約を再度結ぶが,江戸幕府が同10年に奉書船以外の海外渡航を禁止したため,この契約は果たせなかった。<参考文献>川島元次郎『朱印船貿易史』

(岩崎義則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大沢四郎右衛門の関連キーワード鎖国松花堂昭乗モレホン会津騒動マドラス会津騒動本願寺中国の自動車市場岐阜和傘伊曽保物語

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone