コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大沢四郎右衛門 おおさわ しろうえもん

2件 の用語解説(大沢四郎右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大沢四郎右衛門 おおさわ-しろうえもん

?-1639 江戸時代前期の貿易家。
廻船業をいとなむ家に生まれる。寛永9年(1632)安南(ベトナム)に渡航。国王より銀1000両をあずかり,長剣,鉢,硫黄などを購入してとどけた。海外渡航の禁止令がでるまで,定期的に船を出した。寛永16年8月26日死去。京都出身。名は光中。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大沢四郎右衛門

没年:寛永16.8.26(1639.9.23)
生年:生年不詳
江戸前期の海外貿易商人。名は光中。山城国紀伊郡下鳥羽村(京都市)出身。大沢氏は永和4(1378)年8月,鳥羽荘司となる。曾祖父行元の代に,材木や兵糧米の運送を通じ,時の権力者(織田信長,豊臣秀吉,徳川家康)と関係を持ちながら西国で廻船業を営み海外発展の基礎が作られた。四郎右衛門は,寛永9(1632)年安南国(ベトナム)へ渡航。同国の洪郡公より銀1000両を託され,日本物産(長剣,硫黄,鉢など)の輸入契約を履行。翌年再び安南国へ渡り,洪郡公と輸入契約を再度結ぶが,江戸幕府が同10年に奉書船以外の海外渡航を禁止したため,この契約は果たせなかった。<参考文献>川島元次郎『朱印船貿易史』

(岩崎義則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大沢四郎右衛門の関連キーワード江戸前公行奉書船外国貿易貿易商山城の砂糖屋総左衛門西村与兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone