コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大洋化作用説 oceanization hypothesis

法則の辞典の解説

大洋化作用説【oceanization hypothesis】

大陸地殻の一部が玄武岩化して大洋底地殻となるが,その逆はないという説で,ロシア(旧ソヴィエト)のベロウソフによって唱えられた.黒海や日本海のように大陸地殻に囲まれた孤立した大洋地殻の存在をたくみに説明できるが,玄武岩化作用の説明などに難点もある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

大洋化作用説の関連キーワード大洋恒久説

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android