コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大物浦 ダイモツノウラ

デジタル大辞泉の解説

だいもつ‐の‐うら【大物浦】

兵庫県尼崎市大物町にあった、淀川の旧河の港。源義経屋島攻めに船出した地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大物浦【だいもつうら】

兵庫県尼崎市の一地区。〈だいもつのうら〉とも。古くは猪名(いな)川の河口港として栄え,1185年源義経が平家追討のため船出した地として有名。現在は内陸化。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

だいもつのうら【大物浦】

摂津国、淀川旧河口にあった船着き場。今の兵庫県尼崎市大物町。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大物浦の関連キーワード兵庫県尼崎市大物町兵庫県尼崎市竹本 扇太夫義経千本桜吉田 玉男大沢行元船着き場静御前源行家平知盛神崎川碇知盛船弁慶弁慶

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大物浦の関連情報