コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源義経 みなもとのよしつね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

源義経
みなもとのよしつね

[生]平治1(1159)
[没]文治5(1189).閏4.30. 陸奥,衣川館
平安時代末期~鎌倉時代初期の武将。義朝の子。母は常盤御前頼朝の異母弟。幼名牛若丸,また遮那王丸。源九郎と称した。平治の乱後母とともに平氏に捕えられたが,許されて鞍馬寺に入り,のち陸奥の藤原秀衡のもとに身を寄せた。治承4 (1180) 年兄頼朝の挙兵に応じて,その陣に加わり,義仲を討ったのをはじめ,平氏を一ノ谷屋島,壇ノ浦に破るなど,実戦部隊の指揮官として大いに戦功を立てた。しかし頼朝の推挙を経ず検非違使,左衛門尉に任官,後白河上皇に接近したことから頼朝と不和になり,叔父行家と結んで反逆を企てたが失敗し,諸国を潜行したのち再び秀衡の庇護を受けた。しかし秀衡の死後,頼朝の威に屈したその子泰衡に襲われ衣川館で自殺した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みなもと‐の‐よしつね【源義経】

[1159~1189]平安末期・鎌倉初期の武将。義朝の九男。母は常盤(ときわ)御前。幼名、牛若丸。平治の乱後、鞍馬寺に入り、さらに奥州藤原秀衡のもとに身を寄せた。兄頼朝の挙兵に応じて義仲を討ち、次いで平氏を一ノ谷屋島壇ノ浦に破って全滅させた。のち、頼朝と不和になり、反逆を企てたが、失敗して奥州に逃れた。秀衡の死後、その子泰衡に襲われ、衣川の館(たて)で自殺。悲劇の英雄として伝説化される。九郎判官
村上元三の歴史小説。の生涯を描く。昭和27年(1952)から昭和30年(1955)にかけて全5巻を刊行。昭和41年(1966)にNHKでドラマ化された際には著者自身が脚本を担当した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

源義経【みなもとのよしつね】

平安末〜鎌倉初めの武将。義朝の子。母は常盤御前(ときわごぜん)。幼名牛若丸といい,源九郎(くろう)と呼ばれた。平治の乱で捕らえられ,京都の鞍馬(くらま)寺に入った。
→関連項目安宅関板鼻一条能保宇治川の戦奥州藤原氏黄瀬川宿国地頭鞍馬寺後白河天皇治承・寿永の内乱静御前惣追捕使大物浦平教経多田行綱常盤御前馬蹄石鵯越平泉藤原泰衡弁慶源義仲柳之御所跡

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源義経 みなもとの-よしつね

1159-1189 平安後期-鎌倉時代の武将。
平治(へいじ)元年生まれ。源義朝の9男。母は常盤御前(ときわごぜん)。平治の乱での義朝の敗死後,捕らえられて京都の鞍馬(くらま)寺にあずけられる。成長後同寺を脱出し,みずから元服して奥州平泉の藤原秀衡(ひでひら)の庇護(ひご)をうける。治承(じしょう)4年(1180)兄頼朝の挙兵にかけつけ,すぐれた戦略で平家追討に活躍した。後白河法皇の策謀で頼朝と対立。平泉にのがれたが,秀衡の死後文治(ぶんじ)5年閏(うるう)4月30日藤原泰衡(やすひら)に急襲され,衣川館(ころもがわのたて)で自殺。31歳。悲劇の名将として伝説がおおい。幼名は牛若丸。通称は九郎判官。
【格言など】鹿のかよおう所を馬のかよわぬ様やある(「平家物語」ひよどりごえの奇襲を反対されて)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源義経

没年:文治5.閏4.30(1189.6.15)
生年:平治1(1159)
鎌倉初期の武士。義朝と九条院雑仕の常盤との間に生まれ,幼名は牛若丸,また九郎御曹子と称された。父が平治の乱(1159)で敗れたことから,平氏の追っ手を逃れて各地を放浪し,やがて公卿の藤原長成の扶持によって鞍馬寺に預けられ,そこを金商人の吉次に連れ出されて奥州に赴いたという。兄頼朝が治承4(1180)年に挙兵したのに呼応して,駿河国(静岡県)黄瀬川に奥州から駆けつけた。やがて頼朝の代官として,寿永2(1183)年末から畿内近国に派遣されて,翌年1月に木曾義仲を討つ搦め手の将軍として宇治川の戦で勝利し,次いで2月には摂津一の谷の戦でも搦め手の将軍となって平氏を奇襲により討ち破った。その賞により検非違使となって九郎判官と称されたが,他方で頼朝の命により畿内近国での武士の乱暴停止や武士の恩賞地を打ち渡すなど支配権を固めていった。さらに翌文治1(1185)年2月には荒波を越えて阿波勝浦に渡り,阿波水軍を奇襲によって破るとその勢いをかって讃岐屋島から平氏を追い出し,ついに3月には平氏を長門(山口県)壇の浦で滅ぼした。一騎討ちを主要な戦法とする当時にあって,奇襲戦法のゲリラ戦を得意とし,その軍略によりよく平氏追討を成し遂げたのであった。しかし東国の武士との争いが絶えなかったことや,頼朝から厳命されていた天皇位を象徴する三種の神器のうち宝剣を回収できなかったことなどから頼朝との不和が始まった。 西海から生け捕りにした平宗盛や建礼門院を連れて京に凱旋した義経を待っていたのは頼朝の冷酷な仕打ちであって,畿内近国の支配権を奪われ,恩賞も取り上げられた。意を決して平宗盛を連れて鎌倉に下ったが,鎌倉に入ることを許されず,鎌倉の入り口の腰越から頼朝側近の大江広元に宛てて弁解の訴え(腰越状)を記したが,それも叶わず帰京する。やがて頼朝から刺客土佐房昌俊が差し向けられるなど,身辺の危険を察知して叔父の行家と共に後白河法皇に迫り,頼朝追討宣旨を得ると兵を挙げるべく摂津大物浜から渡海を試みた。だが暴風雨に遭い失敗して摂津住吉浜に上陸し,白拍子の静と共に吉野に逃れ畿内近国を流浪したあげく,奥州藤原氏を頼って逃れた。奥州では藤原秀衡の保護を得たものの,秀衡が亡くなると,頼朝の圧迫で藤原氏の内訌が始まり,ついに文治5年に藤原泰衡に襲われて討死した。「色しろう背ちいさきが,向歯のことにさしでて」とあるように,いささか貧相な容姿だったらしいが,そのたぐいまれな戦いぶりと悲劇的な生涯とが後世の人々に大きな感動を与え,なかでも『義経記』が南北朝時代に作られた影響は大きく,「判官びいき」の言葉が生まれ,「判官物」といわれる能や幸若,浄瑠璃,歌舞伎などの芸能が多数生まれた。また各地に義経伝説が生まれたが,その最たるものが義経は大陸に渡りジンギスカンになったというものである。<参考文献>渡辺保『源義経』,五味文彦『吾妻鏡の方法』

(五味文彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

源義経

1966年放映のNHKの大河ドラマ。原作は、村上元三の同名小説。源義経の生涯を描く脚本:村上元三。音楽:武満徹。出演:尾上菊之助、藤純子、緒形拳ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みなもとのよしつね【源義経】

1159‐89(平治1‐文治5)
平安末期~鎌倉初期の武将。源義朝末子,頼朝の異母弟。母は九条院の雑仕女(ぞうしめ)常盤(ときわ)。幼名牛若,九郎と称す。平治の乱(1159)で父義朝が敗死したのち母および2人の兄今若(のちの阿野全成(ぜんじよう)),乙若(のちの円成(えんじよう))とともに平氏に捕らえられたが,当歳の幼児であったため助けられて鞍馬寺に入れられた。この時期の義経の行動についてはまったく不明で,ほとんどが伝説・創作の域を出ない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みなもとのよしつね【源義経】

1159~1189) 平安末・鎌倉初期の武将。義朝の九男。母は常盤ときわ。幼名、牛若丸・九郎・遮那しやな王。検非違使尉(判官)に任ぜられたので九郎判官とも。平治の乱後、鞍馬寺に預けられ、のち奥州平泉の藤原秀衡ひでひらの保護を受けた。1180年兄頼朝の挙兵に応じて84年源義仲を討ち、一谷・屋島・壇浦に平家一族を破った。のち後白河院の信任を得て頼朝と対立、再び秀衡のもとに逃れたが、その子泰衡に襲われ、衣川で自刃した。悲劇的な生涯が伝説や文学作品の素材となって後世に伝えられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

源義経
みなもとのよしつね
(1159―1189)

平安末~鎌倉初期の武将。源義朝(よしとも)の九男、源頼朝(よりとも)の弟。幼名牛若(うしわか)丸、遮那(しゃな)王丸、九郎。検非違使(けびいし)に任ぜられて九郎判官(ほうがん)と号した。[高橋富雄]

牛若丸伝説

義経は左馬頭(さまのかみ)源義朝と九条院雑仕常盤(ぞうしときわ)(常盤御前)との間に生まれ、平治(へいじ)の乱に父義朝が敗死したあと、母が一条大蔵卿(おおくらきょう)長成に再嫁したので、彼は鞍馬山(くらまやま)に送られ、仏門に入らされた。しかし、彼は、仏道の修行はせずに、父の仇(あだ)を報いると称して武道に励んだと伝えられる。そしていつのまにか鞍馬山を抜け出し、土民の中に交じって苦役しながら諸国流浪のすえ、平泉(ひらいずみ)にたどりつき、藤原秀衡(ひでひら)の庇護(ひご)を受ける。そして、1180年(治承4)兄頼朝(よりとも)の挙兵を聞いて、平泉を抜け出して、駿河(するが)国黄瀬川(きせがわ)に参陣、頼朝とともに平家討伐を図る。義経の鞍馬寺における生活、その東(あずま)下りの事情などはいっさい不明である。彼の従者などについても詳細はまったく不明である。そのために『平治物語』や『義経記(ぎけいき)』などは、天狗(てんぐ)の剣術指南、弁慶(べんけい)との出会い、金売吉次(きちじ)伝説など、さまざまな「牛若物語」を構え出している。[高橋富雄]

鎌倉殿の代官

頼朝の麾下(きか)に組織されてから後の義経は「九郎主」とよばれて、栄誉ある源家一門の御曹子扱いとなる。そしてその「鎌倉殿の代官」として、庶兄源範頼(のりより)とともに平家追討の大将軍となる。京都側の記録ではつねに彼が頼朝の首席代官とみなされている。こうして1184年(元暦1)正月、まず木曽義仲(きそよしなか)(源義仲)に大勝、都の覇権を握った。さらに2月、平軍を一ノ谷に撃破して、その入京の気勢をくじいた。そして翌85年(文治1)2月、西海の海に浮かぶ平軍を屋島に奇襲して大勝し、勝ちに乗じてこれを関門海峡のはざまに追い詰め、壇ノ浦の戦いについに平軍を全滅せしめた。ときに1185年3月24日のことである。
 当然、義経はその大功を賞せられるべきところであったが、彼は頼朝の目付役たる侍大将梶原景時(かじわらかげとき)の訴えにより、頼朝の勘気に触れ、鎌倉に入ることができなかった。頼朝の側近、大江広元(おおえのひろもと)にあてて、いわゆる「腰越状(こしごえじょう)」を送り、その心中を訴えても、その弁疏(べんそ)は聞き入れられず、義経は追放の身となった。[高橋富雄]

御家人との対立

義経が頼朝にいれられなかったのには、いろいろな理由があった。しかしその根本は、頼朝が源家の棟梁(とうりょう)として譜代(ふだい)の郎党組織のうえにその権力を構えているのに、義経にはそのような固有の郎党組織がなく、義経およびその「手郎党」の個人的力量にすべてがかかっていたところにある。そのため、すべて御家人(ごけにん)を通して組織全体の集団行動として戦われるべき合戦が、義経の独断専行という形になり、頼朝の御家人たちと対立し、ひいては頼朝に疎外される結果ともなったのである。
 京都側は頼朝を牽制(けんせい)する意味合いもあって、義経に同情的であった。院の昇殿を許し、畿内(きない)の寺社は陰に陽にこれをかくまった。1185年10月18日、義経は強要して頼朝追討の院宣(いんぜん)を得た。しかし11月6日、西海に下ろうとして大物浦(だいもつのうら)に難船したのちは、各所に転々して追及の手を逃れた。頼朝は守護、地頭(じとう)を設置して厳しくこれを追捕(ついぶ)させた。藤原秀衡を頼って再度平泉に逃れた義経は、秀衡死後その子藤原泰衡(やすひら)の襲撃にあい、89年閏(うるう)4月30日、妻子とともに衣川館(ころもがわのたち)に自害して果てた。[高橋富雄]

史実と伝説

義経の伝記は不明なところが多く、かつ数奇な運命にもてあそばれているため、その生涯はかっこうの英雄伝説として物語化されている。とくに体制支配者頼朝の厳しい追及のもとに窮死するその若き生涯への同情は、いわゆる「判官贔屓(ほうがんびいき)」となって、日本における代表的な英雄伝説をつくりあげた。しかし、『平家物語』『源平盛衰記』まではまだ歴史性がある。『義経記』以降脚色化が進み、浄瑠璃(じょうるり)、歌舞伎(かぶき)に至って完全なる創作の世界に入ることになった。[高橋富雄]
『高柳光寿著『源義経』(1960・文芸春秋新社) ▽渡辺保著『人物叢書 源義経』新装版(1986・吉川弘文館) ▽鈴木亨著『源義経と源平の合戦』(2004・河出書房新社) ▽奥富敬之著『源義経のすべて』新装版(2004・新人物往来社) ▽安田元久著『源義経』新版(2004・新人物往来社) ▽数江教一著『源義経――義経伝と伝説』(弘文堂・アテネ新書) ▽角川源義・高田実著『源義経』(角川新書) ▽和歌森太郎著『義経と日本人』(講談社現代新書) ▽高橋富雄著『義経伝説』(中公新書) ▽角川源義・高田実著『源義経』(講談社学術文庫) ▽五味文彦著『源義経』(岩波新書) ▽今泉正顕著『義経と静御前 二人の「その後」――各地に残された生存伝説は何を語るのか』(PHP文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の源義経の言及

【宇治川の戦】より

…京都防衛上の要衝宇治川でいくたびか行われた戦い。なかでも1184年(元暦1)正月20日,木曾義仲,源義経両軍の間にかわされた戦闘がもっとも有名である。前年7月に入京した義仲は,11月クーデタを断行,後白河法皇に迫って源頼朝追討の院宣を出させたうえ,元暦1年正月10日には征夷大将軍に任ぜられた(一説に11日,征東大将軍)。…

【御曹子島渡】より

…御伽草子。渋川版の一つ。作者,成立年不詳。奥州藤原秀衡(ひでひら)のもとにいた御曹子義経は,蝦夷(えぞ)の千島喜見城に鬼の大王が大日の法という兵法書を所持していると聞き,さっそく四国とさの湊から船出して喜見城の内裏へ向かう。途中,馬人(うまびと)の住む王せん島,裸の者ばかりの裸島,女ばかりが住む女護(にようご)の島,背丈が扇ほどの者が住む小さ子島などを経めぐった後,蝦夷が島に至り,内裏に赴いて大王に会う。…

【勧進帳】より

…能の《安宅》を基に創作。兄頼朝と不和になった源義経が,京から奥州へ落ちる途中,加賀国(石川県)の安宅の関所を通過する時の一件を脚色。家来5人は山伏姿,義経は強力(ごうりき)(荷物持ち)になって安宅へ来る。…

【義経記】より

…《判官(ほうがん)物語》《義経(よしつね)物語》ともいう。源義経の一代記だが,義経が平家追討の大将として活躍するもっとも華やかな時期の事跡はほとんど書かれず,幼少期と,平家滅亡後兄の源頼朝に追われて自殺するまでの逸話を内容とする。その点,語り本《平家物語》と相補関係にあり,成立当時の〈判官びいき〉の風潮を背景として,義経に関して一般には知られていない部分を主にしていると言える。…

【腰越状】より

…1185年(文治1)5月,源頼朝の不興を被って鎌倉入りを拒まれ,鎌倉の外の腰越にとどめられた源義経が,大江広元に取りなしを求めた書状。《吾妻鏡》に全文を収めるが,その真偽については不明である。…

【治承・寿永の内乱】より

…1180年(治承4)以仁王(もちひとおう)の令旨(りようじ)を受けた諸国源氏の挙兵から,85年(文治1)3月長門国壇ノ浦(下関市)に平氏一門が壊滅するまで,主として源平両氏による決戦のかたちをとって進行した全国的規模の内乱。当時の年号を冠してこう呼び,たんに治承の乱,あるいは源平の合戦(争乱)とも称する。
[内乱の序章]
 すでに12世紀中葉,全国各地では国守・目代と在地武士との対立が激化し,ときにそれは後者の反乱を惹起していた。…

【静御前】より

…母は磯禅師。源義経の愛妾。1185年(文治1)義経が兄頼朝と不仲になり京より逃脱したとき,静もこれに同行。…

【高館】より

…上演記録の初出は1545年(天文14)(《言継卿記》)。源義経主従が奥州の高館で討手の軍勢を待ちうけながら開いた宴のさなかに,熊野より鈴木三郎が到着する。義経より佐藤兄弟の残したよろいをたまわった鈴木は,たずさえた腹巻の由来を物語り,これを弟の亀井六郎に譲って,翌日の合戦では兄弟ともに奮戦して果てる。…

【壇ノ浦の戦】より

…1185年(文治1)下関市東方の壇ノ浦で行われた源平最後の海戦。この年2月源義経に強襲され,四国屋島(高松市)の陣営を放棄した平氏の総帥平宗盛らは,長門彦島(下関市)にあって関門海峡を扼する知盛の軍と合体し,劣勢を支えようとした。しかし屋島の戦勝によって瀬戸内の制海権を握った義経軍は執拗に追尾し,九州の源範頼軍も平氏の動きを牽制した。…

【トラ(虎)】より

…〈虎の巻〉は今日では秘伝や物事の奥義を書いたものをいうが,もとは中国古代の兵法書《六韜(りくとう)》の1巻〈虎〉巻に由来するという。《義経記》によれば,一条堀河の陰陽師鬼一法眼(きいちほうげん)が所持していた兵法の秘伝を,源義経が法眼の娘の手引きにより盗み出した。これは中国から伝えられて,坂上田村麻呂,藤原利仁,平将門らが読み伝えたものであるという。…

【鵯越】より

…この山から一ノ谷へ下る断崖は急坂で〈馬も人もよもかよひ候わじ〉と言われた。しかし1184年(元暦1)2月,一ノ谷に陣を構えた平氏を討つため,この山上に出た源義経は,この断崖をシカが通るとの話を聞いて〈鹿の通程の道,馬の通わぬ事あるべからず〉と言い,ここを一気に駈け下って平氏の背後をつき,源氏軍を勝利に導いたという(《平家物語》)。一ノ谷の戦での〈鵯越の坂落し〉として有名な話である。…

【藤原秀衡】より

奥州藤原氏の3代目として,奥羽一円におよぶ支配を確立した。源義経の保護者としても有名。それは74年(承安4)から80年(治承4)までと,85年(文治1)からその死にいたるまでの,2度にわたる。…

【船弁慶】より

…後ジテは平知盛の怨霊。源義経(子方)は,兄頼朝との不和から都落ちをするはめになり,武蔵坊弁慶(ワキ)ら小人数を連れて西国に向かう。途中,摂津の大物ノ浦(だいもつのうら)の船宿で,あとを慕ってきた静御前(前ジテ)をさとし,都へ帰らせることにする。…

【源行家】より

…この際,勲功賞が義仲の従五位上左馬頭(さまのかみ)兼越後守に劣るとして忿怒し,閉門辞退したと《玉葉》に記されている。ほどなく義仲と対立,やがて京に接近した源義経と結び,平氏滅亡(1185)後,兄頼朝と対立した義経とともに頼朝追討宣旨を得る。義経と摂津大物浦(だいもつのうら)から船で西海に赴こうとしたが遭難,和泉に隠れた。…

【八島】より

…世阿弥時代からある能。シテは源義経の霊。旅の僧(ワキ)が八島(屋島)の浦へ赴くと,老人(前ジテ)と若者(ツレ)の2人の漁夫がやって来るのに会い,その塩屋に泊めてもらう。…

【屋島の戦】より

…これより1年前,一ノ谷の戦に敗れはしたものの,平氏は総帥平宗盛が安徳天皇を擁して屋島を本営とし,平知盛が長門彦島に拠って関門海峡を押さえ,なお瀬戸内一帯の制海権を温存した。このため,山陽道を西進した源範頼麾下の追討軍は戦果に乏しく,鎌倉の源頼朝は再度源義経を登用し,屋島を突かせることにした。2月18日未明,風雨に乗じて摂津渡辺を出帆した義経は,同日早朝150余騎とともに阿波勝浦に上陸,昼夜をついで国境の山路を越え,一気に屋島を攻撃した。…

※「源義経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

源義経の関連キーワード宇治川の先陣争い成吉思汗の秘密磯禅師・磯前司源九郎義経高階高経佐藤継信那須与一佐藤忠信鬼一法眼碁盤忠信高橋富雄熊谷陣屋衣川の館判官贔屓義経の母義経神社吉水院船弁慶鉄拐山御曹司

源義経の関連情報