尼崎(読み)あまがさき

精選版 日本国語大辞典「尼崎」の解説

あまがさき【尼崎】

(海士が崎、海士之幸のか) 兵庫県南東端の地名古くから漁業・水路の重要で、中世には尼崎城が築かれ、近世には戸田・青山・松平諸氏の城下町として繁栄。中国街道の宿場でもあった。阪神工業地帯中核をなす臨海工業都市。源義経船出の大物浦(だいもつのうら)跡などがある。大正五年(一九一六市制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報