コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

だい だい

大辞林 第三版の解説

だい

( 連語 )
〔断定の助動詞「だ」に終助詞「い」の付いたもの〕
疑問を表す語句に付いて、親しさをもこめてやや和らげていう。 「いつまで寝ているん-」 「じゃ、何をしに行くの-」
(子供などが)断定の語気を強めていう。 「うそ-」 「ぼくはこれ-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

だいの関連キーワードダールオ(大鑼)ピンチランナーメジャーリーグ行き合ひ兄弟大嘗の祭大有理有百済大寺太上天皇奥州管領松平頼雄土肥大作大太法師太政大臣松平頼多終助詞大納会大同江亭主柱内大臣官の庁

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

だいの関連情報