だい

精選版 日本国語大辞典の解説

〘連語〙 (断定の助動詞「だ」に終助詞「い」の付いたもの)
① 疑問を表わす語句に付いて、疑問の意を強める。
※新世帯(1908)〈徳田秋声〉二「如何(どう)だい、どんな女だい」
② 断定の語気を強めて主張する。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「爰(ここ)一ばん聴所(ききどこ)だいッ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android