コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大直日神 おおなおひのかみ

2件 の用語解説(大直日神の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大直日神 おおなおひのかみ

記・紀にみえる神。
異常でけがれた状態をただしくなおす神。黄泉(よみの)国からもどった伊奘諾尊(いざなぎのみこと)が禊(みそぎ)をしたとき,八十枉津日(やそまがつひの)神の「枉」(不浄,不幸)をなおそうとして,神直日(かむなおひの)神の次に生まれた。「古事記」では大直毘神とかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大直日神

『古事記』には大直毘神と記される。神直日神(カムナオビノカミ)とペアになり罪や穢れ,禍いなどを直す神。『古事記』『日本書紀』の禊神話にその名が記されている。『日本書紀』によれば,黄泉の国を脱出した伊奘諾尊が,身の穢れを清めるために日向の小戸の橘の檍原という海岸で禊をしたとき,初めに現れたのは八十枉津日神であった。この神のもたらす禍いを直すために現れたのがカムナオビ,オオナオビである。マガツヒとナオビは「曲」と「直」の関係にある。御門祭の祝詞では,御殿の門を護る神が,四方八方から侵入する「天のまがつひ」の悪事を「神直び,大直び」に直し改めるとされている。本居宣長はこの神の効力と威力を深く信奉し,『古事記伝』(1798年完成)の序文として「直毘霊」を書いた。

(西條勉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大直日神の関連キーワード古事記伝直毘霊水分神大直毘大直毘神古訓古事記直毘直毘神草野姫櫛明玉神

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone