コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄泉 コウセン

デジタル大辞泉の解説

こう‐せん〔クワウ‐〕【黄泉】

《「地下の泉」の意》地下にあり、死者の行くとされる所。あの世。よみじ。冥土(めいど)。

よみ【黄泉】

死後、その魂が行くとされている地下の世界。冥土(めいど)。泉下(せんか)。よみのくに。よもつくに。

よみ‐じ〔‐ぢ〕【黄泉/黄泉路】

黄泉(よみ)の国へ行く道。冥土(めいど)への道。また、黄泉。「―へ立つ」「―の障(さわ)り」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうせん【黄泉】

〔孟子 滕文公下〕 地中の泉。
地面の下にあり、死者が行くといわれている所。冥土めいど。よみじ。

よみ【黄泉】

死後、霊魂が行くとされる所。死者の国。冥府。冥土。よみの国。よみじ。よもつ国。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の黄泉の言及

【地獄】より

…一般に,墓地の情景や死体の腐乱過程との連想から生みだされたものだが,超常的な観念や表象によって作りだされた場合もある。〈地獄〉の語はもとサンスクリットに由来し,のちに仏教とともに中国に輸入されると,泰山府君の冥界観と結びついて十王思想を生みだし,さらに日本に伝えられると,記紀神話に描かれる黄泉国(よみのくに)や根の国の考え方と接触融合して独自の地獄思想を生みだした。地獄の観念に共通にみられる特色は因果応報や,受苦と審判の思想である。…

【冥府】より

…死後におもむく他界の一つ。冥界,黄泉(よみ)などともいい,英語のhellがこれに相当する。冥府観は,民族により,宗教によって多様であるが,本項では日本への影響の大きかった中国のものについて記述する。…

【黄泉国】より

…〈ヨミ〉は〈ヤミ(闇)〉や〈ヤマ(山)〉と類義の語。また〈黄泉〉は漢語で〈黄〉は土の色を表し〈地下にある泉〉の意で死者の国をいう。《古事記》によると,伊邪那岐(いざなき)命は死んだ伊邪那美(いざなみ)命を呼びもどそうとして黄泉国へと赴くが,〈視るな〉の禁を犯してイザナミを視ると肉体は腐乱し蛆(うじ)がたかっている。…

※「黄泉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黄泉の関連キーワード仮面ライダー龍玄・黄泉/ヨモツヘグリアームズホノイカズチノカミ(火雷神)黄泉竈食ひ・黄泉竃食ひ伊弉冉尊・伊邪那美命八十禍津日神黄泉・黄泉路黄泉竈食ひ大禍津日神泉津醜女黄泉の国中有の旅黄泉醜女禍津日神常世の国地獄下り黄泉平坂菊理媛命伊弉冉尊黄泉の客沖つ国

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黄泉の関連情報