大網人主(読み)おおあみの ひとぬし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大網人主 おおあみの-ひとぬし

?-? 奈良時代の官吏。
宝亀(ほうき)9年(778)送高麗(こうらい)客使,延暦(えんりゃく)8年従五位下にすすみ主計助となる。「万葉集」巻3に短歌1首がおさめられている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android