コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大規模集積回路 だいきぼしゅうせきかいろlarge scale integrated circuit

知恵蔵の解説

大規模集積回路

IC」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

大規模集積回路【だいきぼしゅうせきかいろ】

LSI

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

大規模集積回路

LSI」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

だいきぼしゅうせきかいろ【大規模集積回路】

LSI

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大規模集積回路
だいきぼしゅうせきかいろ
large scale integration

LSIと略称される。集積回路 ICのうち,集積度が数百のものを中規模集積回路 MSI (medium scale integration) といい,集積度が 1000個以上のものを大規模集積回路という。集積度とは一つの回路基板または半導体片上に結合されているトランジスタダイオード,抵抗,コンデンサなどの個別部品の数をいい,最近の技術では,5mm角程度の半導体片上に 1000個以上の個別部品回路を集積することが可能である。特に MOS型大規模集積回路は双極型集積回路 (バイポーラ型) よりも集積度をあげることができ,1万個をこえる。大規模集積回路には,1枚のシリコン基板上にすべての素子を形成するモノリシック方式 (→モノリシック集積回路 ) のほかに,多層に重ねたセラミック基板上に数個の集積回路をボンディングするマルチチップ方式 (混成大規模集積回路) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の大規模集積回路の言及

【集積回路】より

…【吉村 久秉】
【集積回路用語】
LSI(large scale integrated circuit。大規模集積回路)当初はIC技術レベルの指標として,1個のチップに含まれる回路素子数が用いられることが一般的であった。これを集積度といい,ICの規模に応じて,SSI(small scale integrated circuit。…

※「大規模集積回路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大規模集積回路の関連キーワードスミス(George E. Smith)マイクロエレクトロニクスマイクロコンピューターフィードフォワード原理プラズマイオンプロセス第五世代コンピューター電界効果トランジスタフォトリソグラフィーマイクロマシニングサブミクロン加工法集積回路記憶装置ジョージ スミスフュートレックシステムLSI京セラ[株]中央処理装置パーコル方式文字多重放送構内交換機光CVD法

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android