コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鑼 だいら

百科事典マイペディアの解説

大鑼【だいら】

中国の大型のゴング。中国語ではダールオ。身体の前に置いて左手で吊すか,木枠に吊し,右手に持った頭の付いたバチで打つ。中央部が円錐状にやや盛り上がっており,打奏後余韻の音高が下がるのが特徴である。京劇(ジンジュ)などに用いられる。
→関連項目銅鑼

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の大鑼の言及

【鑼】より

…中国では金,金鑼ともよぶ。その形態,大小,音色,音高,奏法の違いにより,大鑼,小鑼,掌鑼に大別される。 大鑼は,面積が大きく,打った後に音高が下がる効果が得られるのが特徴で,民間器楽合奏や戯曲音楽,民俗舞踊の伴奏に用いられ,次の各種がある。…

※「大鑼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大鑼の関連キーワードダールオ(大鑼)

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android